iPhone6 PlusユーザーはiPhone6より2倍多くのデータ通信を利用している!

スポンサードリンク

iPhone 6 Plusの通信量はiPhone 6の2倍も多い!

iPhone 6 Plusを使っているユーザーはその他のiPhoneを使っているユーザーと比較して使っている通信量がはるかに多いことがCitrixの調査によって明らかになりました。

iPhone 6 Plusは5.5インチのディスプレイと搭載したモデルですが4.7インチのディスプレイを搭載したiPhone 6と比較してiPhone 6 Plusのデータ通信量は約2倍になっているようで、過去のモデルのiPhone 3GSとの比較では10倍もの通信量を利用しているという結果がでたそうです。

Iphone6 データ使用量

iPhone 3GSはスペックもかなり低くウェブサイトをひとつ開くだけでも時間がかかることや画面の解像度も低いことも影響してデータ通信量がiPhone 4の4分の1程度にまで落ち込んでいるのかもしれません。

iPhone 6 Plusのデータ通信量が大きく伸びている理由としては画面の大きさが影響しているとみられます。解像度がiPhone 6よりも高くなっていることのデータ通信量の増加も考えられますが、持ち運びがiPad miniよりも手軽ということもあり、いろんな場所で手軽に映画のストリーミング再生ができてしまうところにあるようです。

健康の関心も上がっている

スポンサードリンク

スマートフォン全般として健康に関するアプリに関心が非常に高まっているようで、健康アプリを利用しているユーザーは78%上昇し、スポーツ関連の動画を見ているユーザーは2014年第3四半期の21%から2015年第1四半期に50%になるとみられています。

また、iOSデバイスは法人企業で広く使用されており64%がiOSのシェアを占めており、Androidが27%、Windowsが9%という結果も明らかにしています。

iPhone6

最近ではJR東日本や西日本もiPadの導入を進めるなど大手企業でのiOSデバイスの採用が進んでいます。また、飲食店などでもレジの代わりとしてiPadを、注文する機械はiPod Touchを利用する場面を見かけるのでいろんば場面でiOSデバイスの普及が進んでいると考えることができますね。

関連 JR西日本が新幹線乗務員にiPad AirとiPad miniを支給へ!

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。