2018年末のiPhoneユーザー数はスマホ人口3分の1の6億5000万人に?

スポンサードリンク

世界のスマホ市場の利益の79%がAppleが独占!

Appleが2014年9月に発売したiPhone 6/6 Plusが売れに売れまくっているみたいですが、2014年10月〜12月の世界のスマートフォンの利益の93%がAppleだったことを投資会社のカナコードが発表をしました。2014年通年でのAppleは79%の利益だったことも明らかになり、まさに世界のスマートフォン市場を独占したということになります。

Apple tim cook money

2014年のAppleとSamsungの利益率は以下の通りとなっています。

Apple Samsung
2014Q1 65% 41%
2014Q2 68% 40%
2014Q3 86% 18%
2014Q4 93% 9%
2014 Total 79% 25%

iPhone6シリーズが発売された9月となる2014年第3四半期からAppleの利益率のシェアが大きく増えていることがわかります。93%って通常じゃああり得ないほどのシェア率ですが…驚きの数字ですよね。

2018年には6億5000万台のiPhoneユーザーに達する?

スポンサードリンク

Appleが発表した2015年第1四半期(2014年10月〜12月)の決算によるとiPhoneの販売台数は約7,440万台に達していることが明らかとなりましたが、平均価格は687ドル(約81,000円)だったことも報告されています。この数字を見ると意外とiPhone 6は64GBモデルよりも16GBモデルの方が売れているという印象を受けますね。

カナコードのアナリストによると2018年末までには全世界のスマートフォンユーザーの1/3がiPhoneユーザーになるとして推定6億5000万台のiPhoneが世界で動いていると予測しています。

2018年はまだ3年も先の話です。このままのiPhoneの開発サイクルでけばiPhone8が発売する頃になります。

こんなに長くAppleの独占の時代が続くのか疑問を感じますが、マイクロソフトのWindowsがWindows 95をリリースして20年経過していることを考えるとあり得る話なのかな…とも感じます。

9To5Mac
BARRON’S

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。