ブラック基調ゴールドカラーのiPhone7のコンセプトデザイン

スポンサードリンク

5.4インチのiPhone7のコンセプトデザイン

次世代のiPhoneのデザインを予想したコンセプトデザインは今までにいくつも公開されていますが、Dani Yako氏がサファイアガラスの保護パネルを搭載したiPhone7のコンセプト画像を公開しました。

Iphone7 コンセプトデザイン

スペックとしては5.4インチの2,880×1,880ピクセルの超高精細ディスプレイを搭載し、Apple A9プロセッサ(8コア 2.5GH駆動)の4GBのRAM、1600万画素のカメラを搭載し4K撮影の動画も可能となるとんでもないスペックとなっています。

2,880×1,880ピクセルといえば15インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルと同じ解像度ですからね..!

ストレージ容量は32GB〜128GBとなり16GBモデルは廃止され本体の厚みは6.5mmと現行モデルの6.9mmよりさらに薄い厚さになります。

Iphone7 コンセプト画像

ブラック基調のゴールドカラーの追加

カラーラインナップは新たにCoffeeColorが追加され4色展開に。

Iphone7 珈琲色

なるほど。

現行のゴールドモデルはシルバーが基調となっていますが、それのブラックを基調としたモデルを追加したということですね。これはこれでなかなか格好いいかもしれません。

スポンサードリンク

少なくとも現行モデルのiPhone6/6 Plusの少しダサい白い線よりもこちらもほうがうまくまとまっているデザインといえるかもしれません。

Iphone7 コンセプトデザイン

Dani Yako氏の考えるiPhone7はA9プロセッサを搭載していることから、2015年秋のモデルを予測したものとなっていますが、iPhoen6sは飛ばしてiPhoen7になるとみているのかもしれません。

Concept Phone

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。