iPhoneで音楽の歌詞を自動取得して表示させる方法

スポンサードリンク

iPhoneのミュージックアプリで歌詞を見る方法

iPhoneのミュージックアプリ(iOS7・iOS8)には歌詞を表示させる機能が搭載されており、カラオケの練習を外でする(?)時などにはとても便利なので使い方について紹介します!

iPhoneで歌詞表示

歌詞を表示するには二つの方法があり、Apple純正のミュージックアプリで歌詞を手動で表示させる方法と、サードパーティ製のアプリを利用して歌詞を自動表示させる方法があります。

Appleのミュージックアプリに表示させるにはPCやMacのiTunesに歌詞を手動で入力しないといけませんが、まずはそちらの方法を紹介します。

ミュージックアプリに歌詞を表示させる方法(手動)

まず、PCやMacのiTunesを起動し歌詞を入れたい楽曲を右クリックして「情報を見る」を選択します。

iTunes 楽曲の情報を見る

「歌詞」の部分に歌詞を手入力します。(これを1曲1曲するのは大変ですね..)

歌詞入力 iTunes

iPhoneをPCやMacにLightningコネクタを利用して接続し「同期」します。

iTunesの画面

あとはiPhone側のミュージックアプリの設定の「歌詞/Podcast情報」がONになっていれば歌詞表示が可能となります。

ミュージックアプリの歌詞表示 iOS

アートワーク画像をタップすると歌詞が表示されます。

iTunes Match利用時に同期させる方法

通常ならこれで歌詞も同期されるのですが、iTunes Matchを利用している場合はうまく同期できません。

iTunes Matchを利用している場合は、iPhone側のiTunes Matchの設定を一度OFFにして、iTunesから直接楽曲を転送します。転送し終わったら(し終わる前同期を解除してもOKでした)iPhone側のiTunes Matchをオンにすることでストレージ上から楽曲データを削除したとしても歌詞情報を残すことができます。

iTunes Matchをオフ(iPhone)→ iTunesから歌詞入力した楽曲を転送 → iTunes Matchをオン(iPhone)→ 「設定」→「一般」→「使用状況」→「ストレージを管理」→「ミュージック」から楽曲削除。

スポンサードリンク

サードパーティ製アプリを利用する(自動取得)

サードパーティ製アプリを利用すれば自動でミュージックアプリに入っている楽曲を認識して歌詞を自動取得することができます。

おすすめは「歌詞サーチ byGMO」というアプリです。

動画+歌詞を完全無料で見放題! – 歌詞サーチ byGMO App
カテゴリ: ミュージック
価格: 無料

歌詞サーチを利用すればApple純正のミュージックアプリに入っている楽曲(iTunes Matchと同期している楽曲もOK)を自動取得して歌詞サーチアプリから音楽を聴くことができます。

歌詞サーチ GMO 楽曲取得

そして歌詞も自動的に取得され閲覧することができます。

iPhoneで歌詞を自動取得
さらに、自動でYouTubeにアップされているPV動画を取得して見る事も可能なんです!

YouTubeのPVを自動取得

歌詞も閲覧できてPVも見れるなんて…これは、神アプリです。とても便利!

ただ広告表示がされるのが少し目障りなのが残念な点で有料でもいいから広告が消すことができれば完璧なんですけどね。

なお、2016年秋にリリースされる予定のiOS10のミュージックアプリは歌詞の自動取得に対応することが明らかにされているので、ますます使い勝手は向上することになりそうです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • 歌詞が中央揃えで表示されるのがいやで、ios7まではタグを使って左寄せにしてたんですが、8にアプデしてからタグが無視されるようになってしまいました(´;ω;`) 今後のアプデで改善されたりしますかね?

    • iOS7まで歌詞のスタイルをタグで操作できたんですか?!初めて知りました!Appleはそーいうのはあんまり好きそうじゃないので今後のアップデートでタグが使える可能性はかなり低いかもしれませんね…!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。