薄くなりワイヤレス充電に対応したiPhone7のコンセプトデザイン!

スポンサードリンク

薄くなったiPhone7のコンセプト画像が公開

次期iPhoneは現行モデルのマイナーチェンジとなるSシリーズとなるのか、完全にモデルチェンジを果たしたiPhone7になるのかは現時点では分かりませんが、オランダのデザイナーYasser Farahi氏が、iPhone 6よりも更に薄くなったiPhone7のコンセプトデザインを公開しています。

iPhone 7 コンセプトデザイン

iPhone6の本体の厚みは6.9mmですがiPhone7(コンセプト)は6.1mmの本体の厚みととさらに薄型化が進められています。アプリアイコンのデザインは四角からApple Watchと同じ丸形に変更されています。

ワイヤレス充電に対応

そして、このiPhone7の大きな機能の一つとしてApple Watchで採用されているワイヤレス充電が採用されているという点です。

iPhone 7 コンセプトデザイン ワイヤレス充電

iPhone 6/6 Plusで特徴的なデザインの一部となっている白い線はデザイン的に良くないという理由でなくしたそうで、飛び出していたカメラもダサいのでフラットにして使用するときにカメラが飛び出すんだそうです。

いや…飛び出さなくてもフラットな状態で搭載できるのならそれでいいのでは…とツッコミどころ満載ですが、白い線についてもアンテナの関係上設置されているはずなのでAppleとしても消せるものなら消しているんだと思います。

また、左側にあったボリュームボタンは右側に移設されています。

画面解像度は4.7インチモデルも1920×1080ピクセルが採用されサファイアガラスの保護パネルが採用、A10プロセッサの5GBのRAMが採用(!)、iSightカメラは1200万画素で4kの動画も撮影可能となっています。

カラーラインナップが現在のシルバー、スペースグレイ、ゴールドに加えて、紫っぽいワイン、銅の色のコッパーの5色展開となっています。


iPhone 7 – Apple Concept Introduction 投稿者 OVALPICTURE

今までのリリースサイクルでいけば2015年秋にiPhone6sが登場するはずなのでiPhone7は2016年秋にリリースされることになります。2年先のモデルとなれば驚きの機能を搭載しても不思議ではありませんし、ワイヤレス充電の可能性も十分にありそうです。

ただ、充電があまりにも遅いとワイヤレス充電の意味もあまりありませんし、上記のコンセプト画像のような充電方法だと台のようなものが少し邪魔なので問題があるようにも感じますね。

関連
5.2インチと小型化したiPhone7 Plusのコンセプト画像が登場!
角張ったデザインになったiPhone 7のコンセプト画像が公開
ベゼルレスとフルスクリーンの「iPhone 7」のコンセプトデザインが公開!
早くもiPhone 8のコンセプトデザインが公開!4/4sのようなガラス素材が美しい!
早くもiPhone 7のコンセプト動画が公開!フレームレス構造を採用か!

追記:2016年7月

2016年9月にリリースされるiPhone 7はiPhone 6s/6s Plusのデザインをベースとしアンテナラインを廃止するなどマイナーアップデート的な位置付けになる可能性が出てきています。

Cult of Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。