iPadを分解したらバッテリーとしてiPhoneが入ってた?

スポンサードリンク

iPadを分解したらiPhoneが?!

iPadを購入したユーザーがiPadの中身を開いたらとんでもない物が出てきた…と話題になっています。とんでもない物とは、バッテリーの部分にiPhoneが装着されていたというもの。

これはiPhone 3GかiPhone 3GSでしょうかね?

Ipadの中にiPhone

iPadのバッテリーは内部に2個搭載されており、確かにこのような構造になっています。上のiPhoneが入っている写真は、筐体の裏側の模様がちゃんとiPadのように見えます。

2010040522 2

これが本物なのか偽物なのかは分かりませんが、もし中国で購入したiPadなら入ってても妙に納得してしまうところがありますが…。

ネット上での反応はこんなコメントがありました。

  • 安物を買ったんじゃないの?
  • フェイクだ!iPhoneじゃなく、ipodtouchがあるはずだ
  • これはフェイクにみえるかもしれないが、本当だからおそろしい
  • 雑なフォトショップだなぁ
  • これは冗談じゃない。本当だ
  • 私はそれでも買います
スポンサードリンク

初代iPadの発売直後に出回った画像

ちょっと調べてみるとこの画像が出回ったのは2010年頃のようですね。初代iPadが発表された直後に出てきた画像で発売されてすぐに購入したユーザーが分解して公開されたもののようです。

これが本物だったかどうかは知りませんが、いや、普通ならありえません。これはiPadは単純にiPhoneを大きくしただけだという皮肉を込めて画像を製作したのかもしれません。ホームボタンの反射のしかたも本物っぽくないですからねー。

そもそも、こんなに古い画像がなぜ今頃になって出てきているのでしょうかね。

こちらの記事もオススメです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。