iPhone6/6 Plusで片手操作が可能な範囲を示した図が登場!

スポンサードリンク

片手操作はどこまで可能か?

iPhone 6/6 Plusの登場によってスマートフォンは片手で使うものではなく両手で操作するものになってしまいました。

慣れとは恐ろしいものでiPhone 6を手にする前は「片手で使えないから使い難い!!」と思っていたにも関わらず今では「両手で操作すればいいや、画面大きいから見やすし!」と割り切ってしまう自分がいます。

そんな中で、男女別の手の大きさの平均値を出してiPhone 6、iPhone 6 Plus、Galaxy S5、Galaxy Note 4の4機種での片手操作がどの辺りまで可能なのかを比べた図をDaily Mailが公開しています。

iPhone 6 vs Galaxy S5

ますはiPhone 6とGalaxy S5の2機種の片手捜査範囲です。緑が普通に片手で届く範囲、黄色が少し伸ばせば届く範囲、赤色は届かない範囲となっています。

iPhone 6が4.7インチ、Galaxy S5が5.1インチである事を考えるとiPhone 6の方が片手で操作できる範囲が広いのは一目瞭然です。

iPhone 6 片手操作範囲

4.7インチのiPhone 6は届かない範囲はあるのは確かですが、アプリによっては片手で操作できる範囲内かもしれません。

iPhone 6 Plus vs Galaxy Note 4

次に、iPhone 6 Plus(5.5インチ)とGalaxy Note 4(5.7インチ)の2機種です。さすがに5.5インチクラスになると片手で操作するのはかなり難しいといえそうです。

iPhone 6 Plus 片手操作範囲

僕自身もiPhone 6 Plusをたまに利用しますが、片手操作は無理で素直に両手で操作をしています。

この図はあくまで平均値として算出されたものなので人によって結果は違いますし、iPhoneの持ち方によって片手操作ができる場合もあるので何の意味があるのかよく分からない図といえそうです。

親指型スタイラス 指のび~る!

Daily Mailでは最後に日本の企業であるサンコーから大画面のスマホでも隅まで届く「親指型スタイラス 指のび~る」を紹介して記事を終えています。

親指型スタイラス 指のび~る

こんなグッズがあるとは知りませんでしたが…ここまでして片手で操作しなければいけないのでしょうかね。どうしても片手で使いたいなら素直にiPhone 5sを購入した方が幸せになれるような気がします。

Daily Mail
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。