Appleが「曲がるiPhone」を実現するかもしれない特許を取得!

スポンサードリンク

Appleが曲がるiPhoneが実現する特許取得!

Appleが「フレキシブル電子デバイス」に関する特許を取得したことを米国特許商標庁が発表しました!

iPhone 6 Plusでは本体が曲がってしまうことが問題となりましたが、仕様を自由に曲がるようにしておけばこのような問題は発生しないのでよく考えられた特許といえそうです。

Flexible iPhone 特許

Appleが取得した特許はフレキシブルOLEDディスプレイだけが曲がるというものではなく、プロセッサなどの重要な部品を搭載している基板も部分的に曲げることで本体事態を自由自在に曲げることが出来てしまうというものです。

こちらがフレキシブル基板ですが、プロセッサなど重要な部品がある部分は固定されそれ以外の部分を曲がるようにすることで自由に曲げることができるiPhoneを実現しようというもののようです。

Flexible 基板 iPhone

次世代の製品への足がかりに

今回取得した特許技術を使えば理論的ににはiPhoneをこんな感じで曲げることが可能になるのかもしれません。

11484 4387 150106 Flexible 4 l

ただ、あくまで理論上ですので上手くいくとも限りませんし、実際に製品化されるかどうかは微妙なところです。

そもそも、iPhoneを曲げる技術は何に使えばいいのか検討がつきません。実際に曲がるiPhoneが登場したとしても曲げるメリットが特になければわざわざ曲げることはしません。

とはいえ、このような技術革新が次なる新しいデバイスの開発に繋がるので例えば次世代のApple Watchで利用されたりするかもしれません。

AppleInsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。