iPhone 6に磁石を近づけるとカメラやNFCに不具合が発生!

スポンサードリンク

iPhone 6/6 Plusに磁石を近づけると不具合が?

iPhone 6/6 Plusのカメラにが磁石を近づけない方がいいようです。9To5Macによると、同機種に磁石を近づけるとiSightカメラやNFCが誤動作を引き起こす可能性があることが判明しました。

iPhone 6 磁石

これはiPhone 6 PlusのiSightカメラに金属や磁石を近づけると、画像が歪んでしまうという不具合が発生をしているようで、光学式手ぶれ補正機能で何らかの不具合が生じている可能性がありそうです。

このような磁石付きレンズをiPhone 6 Plusに取り付けると…

磁石付き レンズ

このように画面が歪んでしまうようです。

歪み

以前にもiPhone 6 PlusのiSightカメラで撮影した写真や動画が歪んでしまうという不具合が発生したことが話題になっていました。

また、NFCの機能にも影響を与えることが分かっているようで、磁石を近づけることによって誤動作などを引き起こしてしまうようです。

Appleの認定アクセサリーであるMFiプログラムのメーカーに対してはiPhone 6/6 Plusのケースに金属や磁石を利用した設計を避けるようにAppleが通告をしているそうで、Apple自身もこのような磁石に対しての不具合を認めている形となっているようです。

まあ、普通の使用方法で磁石を近づけることはほとんどありませんから、ほとんどのユーザーは影響を受けることはなさそうですが..。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。