正規品のLightningコネクタと偽造品の見分け方をAppleが公開!

スポンサードリンク

Lightningコネクタの正規品と偽造品の見分け方

Appleが、Lightningコネクタアクセサリの偽造品や模造品の見分け方を正式に公開をしています。

サードパーティからもLightningコネクタが数多く発売されていますが、Appleが認定した製品であると証明される「MFiロゴ」がパッケージに刻印されていない製品は偽造品と考えても良いのですが、パッケージを捨ててしまって分からないという場合に、この見分け方は役に立ちそうです。

iPhone Lightningコネクタ

MFiロゴが付いていない格安のLightningコネクタは数多く販売されている現状ですが、品質が最悪のものの場合は最悪の場合火災の原因や感電をしてしまう、iPhoneが故障してしまうなどの可能性もあるのでできる限りApple純正のLightningコネクタかMFiロゴ付きの製品を選びたいところです。

パッケージがあれば「MFiロゴ」を探す

電気屋にいってケーブルコーナーにいけば沢山Lightningケーブルが販売されていると思いますが、購入はこちらのロゴがパッケージに刻印されているかどうかで判別可能です。

MFi ロゴ

パッケージがない、後から確認をしたい場合

シリアルナンバーがあるか確認

Appleの純正のLightning – USB ケーブルには「Designed by Apple in California Assembled in China」という刻印がされておりその後ろに12桁、または17桁のシリアル番号が刻印されています。これが一つの目安となります。

Lightning serial

社外製の認定されたケーブルの場合はLightningコネクタのブーツ部に社名が刻印されているそうです。

iPhone側の端子の状態で確認

Lightningコネクタの端子部を見る事によって偽造品か本物かの区別が可能となります。

2014 12 05 10 12 32

少し分かりにくいのですが、端子部の金メッキされた部分が本物は平坦ですが偽造品は処理が悪く丸く盛り上がっていることが多いようです。これは、劣化によって火災が発生してしまう可能性がありそうな加工状態ですね…!

USB側の端子の状態で確認

USB側のコネクタでも判別が可能です。

2014 12 05 10 12 52

金メッキになってる部分が銀メッキになっていたりと、とにかく安く製造されているのが「MFiロゴ」が刻印されていない偽造品のLightningコネクタのようです。

USBコネクタは安い製品が沢山あるのにLightningコネクタはなぜ制限が厳しいのかという疑問がありますが、iPhoneやiPadに利用される同コネクタは急速充電などにも対応しているのでそれなりの品質を維持することで実現できているのだと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。