iPhone6sはApple Watchの発売に合わせて2015年春に発売される可能性も!

スポンサードリンク

iPhone 6sは2015年春にリリースかも?

iPhoneのリリースサイクルは基本的には1年に1回となっていますが、次期iPhoneとなる「iPhone 6s」は半年前倒しされ2015年春にリリース、2015年秋に「iPhone 7」が発売されるという噂があるとstableytimesが伝えており、もしかするとiPhone6sは少し早い時期に手に入る可能性もあるのかもしれません。

iPhone 8 コンセプトデザイン

Appleは1年1回のモデルチェンジを基本としており、デザインに関しては2モデル利用するのが通例でありiPhoneのSモデルを含めると2年に1回のモデルチェンジとなり、ソニーのXperiaやシャープのAQUOSフォンが半年に一度のモデルチェンジをしている事を考えるとAppleのiPhoneは製品寿命が長くなっています。

今までの流れでいけばiPhone 6sは2015年秋にリリースされるはずですが、2015年春に発売される予定となっているスマートウォッチ「Apple Watch」を単体で発売するのをAppleは躊躇しているそうで、Apple Watchのリリースに合わせてiPhone 6sを投入するのではないかという見方が一部であるようです。

関連 早くもiPhone 8のコンセプトデザインが公開!4/4sのようなガラス素材が美しい!

iPad 3は半年でモデルチェンジした

スポンサードリンク

過去にも1年サイクルで発売されなかったモデルが存在しており、iPad 3 → iPad 4はわずか半年でモデルチェンジをしています。逆にiPhone 4 → iPhone 4sは1年3ヶ月の期間を要しており、可能性がないわけでは無いのかもしれませんね。

今までのiPhoneのSモデルではデザインはそのままにプロセッサ性能などを強化したモデルを投入されており、iPhone 6sではA9プロセッサが搭載されることが予想されますが、もし2015年春に前倒しされることになるとA9チップの生産が間に合うのかという問題も出てきます。

A8Xチップと2GBのRAMの組み合わせはかなりの高スペックであることはiPad Air 2が証明をしていますが、A8XのメインRAMはプロセッサに内蔵されていないのでスペース的に厳しいものになりそうで現実的では無さそうです。

関連 iPad Air 2の分解レポート公開!2GBのRAMはA8X内蔵ではなく外付け!

iPhone 6sが2015年春に発売される可能性も十分に考えられるのですが少し無理があるようにも感じます。

ただ、もし本当に半年に1回のリリースサイクルになったとしたら常に最新モデルを購入している側としては嬉しい反面、ちょっと困った事態になってしまいますね…

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。