iPhone 6/6 Plusの保護ガラスは旧機種よりも傷が付きやすい?

スポンサードリンク

iPhone 6/6 Plusの保護ガラスに傷!

iPhone 6/6 Plusの保護ガラスは今までのモデルに比べて傷が付きやすくなっていると、Appleのフォーラムなどで投稿がされていることが判明しました。

iPhone 6 傷

問題が発覚したのはjake.underwood26さんという方が9月23日にiPhone 6 Plusを購入して丁寧に扱っていたそうですが保護ガラスに目立つ傷が付いてしまったそうです。この投稿に対して103,000ビューの閲覧、626もの返信があり同じく保護ガラスに傷が入ってしまったというユーザーが多数いたんだとか。

傷が付いた内容としては購入して1週間で傷が入ってしまったりと、今までの機種と比較してもiPhone 6とiPhone 6 Plusは非常に傷が付きやすいというものでした。

なぜ、iPhone 6の保護ガラスは傷が付きやすい?

iPhone 6/6 Plusの保護ガラスはコーニング社のゴリラガラス3が採用されているといわれており、これはiPhone 5sと同じ保護ガラスを採用しています。しかし、iPhone 6の方が傷が付きやすいということでこれは構造が変化したことで起きている問題のようです。

iPhone 5sは保護ガラスは平坦で端にはポリマーと熱可塑性素材によって保護されています。この構造が衝撃を和らげる効果を発揮していたようですが、iPhone 6/6 Plusは曲面保護ガラスを採用し前面に押し出たデザインになり保護ガラスの端にも構造上の問題から熱可塑性素材を採用しておらずiPhoen 5sに比べて衝撃性に劣っているそうです。

この構造がひっかき傷が付きやすいことの直接的な要因になっているのかどうかは分かりませんが、確かに僕のiPhone 6でもiPhone 5sでは付かなかったような細かい傷が付きやすいようにも感じます。

スポンサードリンク

iPhone 6sではゴリラガラス4を採用か

先日、コーニング社は新モデルとなるゴリラガラス4の発表を行いました。

おそらく、次機種となるiPhone 6sはゴリラガラス4を採用することが予想されますが、さらに傷が付きにくくなることでこのような問題は解決されることになるのかもしれません。

追記:結果的にiPhone 6sシリーズにゴリラガラス4が採用されることはありませんでした。なので、相変わらずiPhone 6sの画面には細かい傷が入りやすいような。

Apple Insider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。