コーニングが新強化ガラス「ゴリラガラス4」発表!次期iPhoneに採用か?

スポンサードリンク

ゴリラガラス4が発表

iPhoneなどのスマートフォンの保護ガラスの開発生産を行っているコーニング社が新しいゴリラガラスとなる「ゴリラガラス4」を正式に発表をしました。

ゴリラガラス4

さらに耐久性がアップ

コーニングの調査によると、壊れた数百のデバイスを調べた結果として鋭利な衝撃接触による破損が70%を占めていることが判明ししゴリラガラス4ではこの辺りの耐久性が向上しているそうです。

ゴリラガラス4はゴリラガラス3と比較して薄くなっているにも関わらず粉砕抵抗力は2倍も高いそうで実験では1mからの落下試験で80%の確率で画面が割れなかったとのこと。

次期iPhoneに採用か

iPhone 6/6 Plusでは傷がつきにくいサファイアガラスが採用されるとみられていましたが、GT Advanced TechnologiesがAppleの厳しい要求に応える事が出来ずに、結局のところiPhone 5s/5cにも採用されたゴリラガラス3が採用されているとみられています。

その結果かどうかは分かりませんが、GT Advanced Technologiesは経営が厳しくなり破産手続きをするという流れになってしまいました。

Apple Watchではサファイアガラスが採用されることが決定しているのでGT Advanced Technologiesでのサファイアガラスの開発生産は行われる方針でしょうが、より台数が膨大な次機種のiPhoneシリーズでは「ゴリラガラス4」が採用される可能性が高いのかもしれませんね。

現行のiPhone 6/6 Plusで採用されているゴリラガラス3でもなかなか傷が付かないことで知られており、保護シートはほとんど不要ではないかなと思うくらいです。指紋についてもゴリラガラスは非常に付きにくいので逆に1000円〜3000円くらいの安い保護シートを貼ると逆に指紋が付きやすくなり目立ってしまうほど。

とはいえ、現状では落としてしまうと衝撃で割れてしまうこともあるので衝撃性がもっと向上すればほぼ問題がないレベルにまでなりそうです。ゴリラガラス4がiPhone 6s/6s Plusに採用されるのか注目ですね。

追記:(2016年7月)

iPhone 6s/6s Plusに採用された保護ガラスはゴリラガラス3とみられてます。iPhone 7にてゴリラガラス4が採用されることになるのか注目ですね。ゴリラガラス3を採用したiPhone 6sでも傷が付かないだろうと思ってケースや保護シートを使用せずに使っていたら、細かい傷が結構付いてしまっています。

ゴリラガラス4の性能に期待したいところです。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。