次期iPhone 6sのA9チップのGPU候補!PowerVR Series7が正式発表!

スポンサードリンク

PowerVR Series7が正式発表!

iPhoneシリーズのGPUに採用されているImagination Technologies社の次期GPUとなる「PowerVR Series7」が発表されました!

iPhone 6/6 Plusに搭載されているA8チップにはPowerVR Series6が搭載されているので、次期iPhoneに搭載されるであろうA9チップにはPowerVR Series7が採用される可能性は非常に高いといえそうで、Series7のスペックを見る事でA9チップの性能を予想することが出来そうです。

imagination_7xt_graphics_chart.jpg

性能はPS3並か

PowerVR Series7シリーズではいよいよ、PS3並の性能を持つことになるようで、進化が止まりません。現行モデルでもMetalのお陰なのかわかりませんが、PS3並のグラフィックを実現できているアプリもあるのでSeries7によってさらなる向上が期待できそうです。

iPhone 6/6 PlusのA8チップに内蔵されているPowerVR Series6の「PowerVR GX6450」は、4シェーダクラスタ(128演算ユニット)という構成となっています。(シェーダクラスタはコア数みたいなものでその中に小さい演算ユニットが多数存在しています。)

PowerVR Series7シリーズでは動作クロックの向上と新しい階層的なレイアウト構造を採用したことにより、並列演算性能が300%向上を果たし、ベンチマークのテストでは60%の性能向上が期待できるようです。

また、5種類のモデルが存在しており100GFLOPSから1.5TFLOPSの浮動小数点演算性能に達するとのことです。

imagination_7xt_6xt_table-800x794.jpg

各モデルの構成は以下の通り。

  • PowerVR GT7900 16シェーダクラスタ(512演算ユニット)
  • PowerVR GT7800 8シェーダクラスタ(256演算ユニット)
  • PowerVR GT7600 6シェーダクラスタ(192演算ユニット)
  • PowerVR GT7400 4シェーダクラスタ(128演算ユニット)
  • PowerVR GT7200 2シェーダクラスタ(64演算ユニット)

16コアのPowerVR GT7900はもの凄い性能を誇ることになりそうですね…!

iPhone 6sのA9に採用される?

iPhone 6sのA9チップにPowerVRが搭載されるかどうかは分かりませんが、今年の2月にPowerVRの使用ライセンスの延長を実施しているので、このまま採用される可能性が高いでしょう。

http://itstrike.biz/apple/11638/

どのモデルが採用されるかは全くの未知ですが、A8チップの搭載されているGX6650の後継とも言えそうな6シェーダクラスタ(192演算ユニット)の「PowerVR GT7600」あたりが採用される可能性が高そうですね。

追記:iPhone 6s/6s Plusに搭載されているA9プロセッサのGPUは予想通り同社の「PowerVR GT7600」が採用されています。GPUコア数は6シェーダクラスタ(192演算ユニット)となり、iPhone 6と比べてもGPUパワーは格段に進化したことになります。

以下の記事で各機種のベンチマークを測定をしているのですがグラフィイクパワーに関してはiPhone 6/6 PlusのA8プロセッサと比較して1.5倍以上の性能アップが確認できます。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。