iPhone 6のカメラは5sから綺麗になったのか画質を比較してみた

スポンサードリンク

iPhone 6/Plusはオートフォーカスが進化

iPhone 6/6 Plusのカメラは800万画素となっておりiPhone 5からずっと同じ画素数が採用されています。

数字上では進化をしているように見えませんが、Appleはレンズを改良するなど画素数を上げずに画質の向上をする手法が取りモデルチェンジの度に画質が向上していることは確かです。

iPhone6とiPhone5sのカメラ

iPhone 6/6 Plusでは新たに「Focus Pixels」と呼ばれるイメージセンサーが採用しており、イメージセンサーの中にオートフォーカス用の素子を組み込んで被写体までの距離を測ってピントを合わす仕組みが採用され、よりフォーカス速度を高速化することができレンズを動かす時間を減らすことでピント合わせがこれまで以上に高速化しているのです。

Focus Pixelsがミラーレス一眼レフカメラで広く採用されている像面位相差AFなのかどうかは不明ですが、恐らくイメージセンサーにオートフォーカス機能を組み込んでいることからそれに近い技術が採用されているのだと思います。

ちなみに、iPhone 5sまでのカメラは一般的なコンパクトデジカメに採用されているコントラスト検出AFが採用されています。

iPhone 6/6 Plusはピント合わせのフォーカス速度が劇的に向上したことで子供などよく動く被写体の撮影が得意になり、5.5インチのiPhone 6 Plusに関しては光学式の手ぶれ補正機能も搭載していることから撮影時にブレにくい写真を撮影することが可能となっています。

スポンサードリンク

画質は向上しているのか?

ここまで、オートフォーカスばかりの進化が目立ちますが、画像の画質はあまり綺麗になっていないのかという疑問が出てきますよね。スペックを見るとF2.2のレンズの800万画素のイメージセンサーと5枚構成のレンズと変化がないように見えます。

そこで、実際にiPhone 5sとiPhone 6で同じシチュエーションで撮影をして比較をしてみたので参考にして下さい!

タリーズコーヒーのアイスコーヒーの水滴です。6の方が黒色の部分がハッキリ見えるように感じ全体的に締まった感じに見えるでしょうか。

iPhone 5s/6 カメラ画質チェック1

夜の道路です。こちらも暗い部分が引き締まった感じで6の方がノイズがかなり少ないように見えます。

iPhone 5s/6 カメラ画質チェック2

夕暮れの鉄橋です。あんまり違いが分からないですね..!

iPhone 5s/6 カメラ画質チェック3

夕日です。こちらも違いが分かりません!

iPhone 5s/6 カメラ画質チェック4

暗所撮影が綺麗になった

他にも色々と撮影をして感じるのですが、暗いところの画像はiPhone 6の方がより綺麗な写真に仕上がるように見えます。

この辺りは新世代のイメージセンサーを採用したことにより性能アップに加えてA8チップの高性能なプロセッサによる現像処理能力が向上したことも影響しているのかもしれません。

昼間の撮影に関してはあまり違いはないのですがオートフォーカスの動作が明らかにiPhone 6の方が早いのでとても撮影がしやすいです。

iPhone 5sでも十分に早いと思っていたのですが、ここまで進化をするとはちょっと思っていませんでした。「Focus Pixels」という新しいイメージセンサーは侮れませんよ..!より綺麗な写真をスマートフォンで撮りたいという方は5sよりも6/6 Plusを購入した方がいいのかもしれませんね。

どのモデルにしようか迷っている方は検討してみて下さい!

追記:2015年9月にリリースされたiPhone 6s/6s Plusにてカメラの画素数が1200万画素に強化されました。さらに2016年9月にリリースされたiPhone7 Plusには二つのカメラレンジを搭載するなど大幅にカメラ機能が強化されています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。