iPhone 6の大きさは中途半端!5sのモバイル性とバランスの素晴らさを実感!

スポンサードリンク

やっぱりiPhone 6は大きい!

iPhone 6を購入して数日経ちますが、いまだに4.7インチの大きな画面に慣れません。

時間が経つに連れてiPhone 5sのバランスの取れた大きさが非常に魅力的で素晴らしさを再認識しているところです。

IMG_1701.JPG

片手操作をするならiPhone 5s

やはりスマートフォンとしてはモバイル性は非常に重要なポイントで片手で快適に操作ができる端末はiPhone 5sまでです。

iPhone 6でも片手で操作しようと思えば可能ですが、手が攣りそうになりそうで、本体が薄くなって丸みを帯びたデザインの影響からか滑りやすいので落としそうになることもあります。iPhone 5sって角張ったデザインですからガッチリ持ちことが出来て意外といいんですよね。

iPhone 5s

両手操作をするならiPhone 6/6 Plus

もちろん、iPhone 6は両手を使えばiPhone 5sと比べるとかなり快適です。いや、かなり快適です。布団の上にiPhone 6を置いてうつ伏せになって両手での文字入力はかなり快適てます。

今にまさにこの記事はiPhone 6で両手を使って入力しています(._.)φ

しかし、それならばiPhone 6 Plusの方がもっと快適だったのではとも感じます。

iPhone 6 Plusを持っていないため詳しいサイズ感は分かりません。本体か薄いので曲がりやすいなど色々と批判の多いプラスですが、今になって気になる端末になっていますね。

つまり、iPhone 6は少しだけ中途半端なサイズに感じて来たのです。

もし、二台持ちが可能ならばポケットに入れて持ち歩く端末はiPhone 5s、ちょっと何処かの喫茶店で軽く作業をする時はiPhone 6 Plusという使い方が非常に便利そうで、少し判断を誤ったかなと後悔をしているところです。

もちろん、iPhone 6も良い端末ですし一台持ちでの端末としても十分に素晴らしいものだと思います。

後は、どこをポイントとするなのかではないでしょうか。

例えば、仕事の関係で電話をすることも多くメールチェックや返信もマメにしないといけない場合などモバイル性を重視するならiPhone 5sを選ぶべきでしょう。

しかし、電話はあまりしないしメールなどの文字入力はあまりしないけど、ネットサーフィンやアプリなどを楽しみたいという方はiPhone 6の方が良いかもしれません。

個人的にはiPhone 6 Plusを一台持ちで運用するのは少しばかし無理があるように感じます。可能でしょうけどポケットに入れたら曲がる可能性が高いとなるとちょっと気を遣いすぎて疲れそうです。

結局のところ個人の使い方によって選べばいいことなんですけどね。

4インチのiPhone 6も投入すべき

このように考えると、iPhone 6は4インチモデルも発売して3ラインナップにすべきだったのではないかとも思います。

特に日本人はアメリカの方より手が小さい(多分)ですから、やっぱり4インチの需要ってかなりあると思うんですよね。

特に女性の方が4.7インチを使いこなすのは大変だと思いますし、超高速で文字入力をするにも4.7インチでは大き過ぎるのではないでしょうか。

あー、iPhone 5sを下取りするかどうか迷う!!一回下取りしてSIMフリー機のiPhone 5sを買うのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。