iPhone 6 Plusは手で簡単に曲がる?ポケットに入れる際は注意を!

スポンサードリンク

iPhone 6は簡単に曲がってしまう?

iPhone 6/6 Plusは本体の厚みが薄くなったので強度的に少し心配をしていましたが、やはり強度はかなり弱いようですね。

iPhone 6 Plusをポケットに入れていたら曲がったという方もいるみたいでLewis氏が実際にiPhone 6 Plusを手で曲げたらどうなるかを実験した動画を公開しています。

同氏はiPhone 6 Plusを両手で持って力を入れたところ…

iPhone 6 折れた

なんと、軽々と曲がってしまいました!

iPhone 5sもオシリポケットに入れて座ったら曲がってしまったという事例が数多く報告されていましたが、iPhone 6はさらに薄いこともあることからかなり曲がる危険性が高いといえそうです。

こちらがiPhone 6を手で軽々と曲がってしまった動画です。

Lewis氏は曲げる時に中央部分に力を入れたにも関わらず、ボリュームボタンの下の部分から曲がってしまったことからこの部分がiPhone 6/6 PLusの強度が弱い部分ではないかと指摘しています。

薄くなって大型化したiPhoneはとにかく強度が弱いようでズボンなどのポケットに入れることで曲がってしまう危険性がかなり高いといえそうです。

また、この実験で曲がったiPhoneを元に戻そうとしたところディスプレイが割れてしまったようです。

Iphone 6 ディスプレイ割れ

ディスプレイも割れやすい

iPhone 6の曲がることにも注意が必要ですが、ディスプレイが割れてしまうことに対して注意が必要のようですね。iPhone 6は画面が大きくなったことでディスプレイ部にかかる負荷というのは今まで比べても大きくなっていることが予想でき、かなり割れやすい状況になっていることが予想できます。

実際にTwitter上ではすでにディスプレイが割れてしまった方々も多数いるようです。

画面が大きくなった一方でモバイル性という部分で大きく退化してしまった印象を受けます。みなさんもiPhone 6/6 Plusの取り扱いには注意をしましょうね..!

追記:iPhone 6と他社スマホの曲げテストを行った動画が公開されています。iPhone 6についても曲がりやすい性質を持っているようで注意が必要になるようです。

http://itstrike.biz/apple/iphone/17472/

追記(2016年7月)

2015年9月に発売が開始されたiPhone 6s/6s PlusはApple Watch Sportに採用されている7000シリーズのアルミ素材を利用することで3倍の強度を確保し曲げの問題に対応されました。

しかし、7000シリーズのアルミは亜鉛を多く含有していることもあり、錆びやすい特性があり、外装がボロボロになってしまうという現象も発生してしまう報告もあります。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。