iPhone 6/6 Plusに採用された部品の半分は日本製であることが判明!

スポンサードリンク

iPhone 6/6 Plusは日本製の部品が数多く採用!

9月19日に販売が開始される「iPhone 6/6 Plus」の電子部品には日本製の部品が数多く採用されていると日本経済新聞が伝えています!

まず、ディスプレイサイズが大きくなった4.7インチと5.5インチの液晶ディスプレイはジャパンディスプレイ(JDI)が供給、液晶のLEDバックライトはミネベア、iPhone 6 Plusに採用されている光学手ブレ補正用の部品はアルプス電気とミツミ電機が供給、カメラのイメージセンサーはソニーセミコンダクタ、さらにLTEの送受信回路部品には村田製作所が供給しているとのこと。

さらに、中国メディアも「iPhone 6/6 Plus」の1000点ものある電子部品の半分は日本製のものが採用されていると伝えています。

日本製部品は信頼がある?

iPhoneの組立は中国などで行われていますが、中身に関しては日本の製品を採用していることが多く日本製の部品は信頼があるということなのかもしれません。

故スティーブ・ジョブズは日本の鏡面研磨技術に魅了され過去の製品であるiPodの鏡面仕上げに仕上げたこともあるくらい、日本との繋がりはとても深く技術力の高さを見せています。

今までのiPhoneでも日本製の部品が数多く採用されてきていましたが今回も引き続き採用され、iPhone需要の恩恵にあずかる日本企業は多いのかもしれません。消費税増税で景気が冷え込んでいますがApple需要で景気が右肩上がりになることに期待したいところです。

日本経済新聞
・xinhua.jp

[ad#iphone6-1]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。