5.5インチと4インチのiPhoneで片手で収まるかどうかを検証した動画が公開!

スポンサードリンク

iPhonnの画面の大きさを比較した動画

iPhone 6のディスプレイサイズが大きくなるのは画面が見やすくなるので非常に嬉しいですが、操作面においては片手で操作し難いなど問題も出てきます。

実際に4.7インチと5.5インチでは現行のiPhone 5s/5c/5と比べてどれくらい大きさが違うのか、IT-Mediaにて分かりやすい比較動画が公開されているので紹介します。

左からiPhone 5s(4インチ)、iPhone 6(4.7インチ)、iPhone 6(5.5インチ)となっています。

Ts iphone6 01

動画では5.5インチの比較しかありませんが、iPhoneが大きくなったらこうなるという分かりやすい例ではないでしょうか。

やはり5.5インチは一回り大きいですね。4.7インチなら片手操作でもギリギリ使えないことはないのかもしれませんが、5.5インチは完全に両手で使うことが前提になりそうです。個人的には5.5インチの大きさならiPad miniでもいいようにも感じるのでiPhoneは4.7インチが丁度良いように思います。

IT-Media

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。