iPhone 6のリアケースのリーク画像!カメラレンズが突起している?

スポンサードリンク

iPhone 6の新たなリーク画像!

今秋に発売予定であるiPhone 6のバックパネルの画像をFeld & Volkがいくつか公開をしているようです。

こちらの画像はiPhone 6に搭載されるAppleのロゴマークらしく初代iPhoneに使用さらたロゴと非常に似ているそうです。さらに特徴として非常に傷が付きにくい材質で作られているということでリキッドメタルを採用しているのではないかと見られています。

Iphone 6 embedded logo

過去にAppleマークが光るという情報もありましたが、光らない可能性の方が高いのでしょうか。

関連記事 >> iPhone 6のホームボタンや各パーツにリキッドメタルを採用か?
関連記事 >> Phone 6のAppleロゴマークは光るメール着信通知機能が搭載か

iPhone 6の側面の音量ボタンとマナーボタン部分の画像です。iPhone 5sまではボタンは突起していましたが、iPhone 6ではヘコんだ形状となりよりスマートなデザインになると見られています。

Iphone 6 recessed volume

リアカメラはレンズが突起する形になっているようです。iPod Touchがこのようにカメラレンズが飛び出たデザインになっていますが、この画像が本物であればiPhoneでは初めての試みとなります。

Iphone 6 camera ring

ボタン部分がスマートになる一方カメラレンズが突起するというのはちょっと理解に苦しみますね。また、レンズが突起しているということは机に置いたときに不安定となり操作がし難くなるという欠点もありちょっと本当にこのようなデザインを採用するのかは疑問を感じます。

最後にリアケースの全体画像とフレキシブルケーブルの画像が公開されています。

Iphone 6 shell parts

iPhone 6は9月9日のイベントで発表されるという情報がありますが、1ヶ月を切ることになりすでに量産が始まっていることは確かでしょうし、関係者はすでにiPhoen 6はがどのような形をしているのか知っている人も多いんでしょうね。

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。