iPhone 6の5.5インチ版の発売が遅れる理由は競合を避けるため?

スポンサードリンク

iPhone 6の5.5インチ版が遅れる理由とは?

iPhone 6には4.7インチと5.5インチの2種類のディスプレイのモデルがリリースされ先に4.7インチが発売され遅れて5.5インチモデルが登場するとみられています。

発売日がズレることについて製造の問題から5.5インチ版が遅れるとみられていましたが、わざと遅らすことで同じiPhoneでの競合を避けようとしているのではないかとDigitimesが指摘しています!

関連記事 >> 5.5インチのiPhone 6は製造上の問題から2015年に発売が遅れるかも?

Iphone 5s 6 grass

iPhone 5cはiPhone 5sと同時発売されましたが、iPhone 5sは爆発的に売れましたがiPhone 5cは思ったほど売れておらず、在庫の山になっているという報道もあるくらい販売戦略を誤ってしまった感じは否めません。

関連記事 >> iPhone 5cは300万台もの在庫の山を抱えているらしい!価格設定に問題か?

この教訓を生かして4.7インチと5.5インチの発売時期をずらすことで少しでも競合を避ける狙いがあるとか。確かに一理ありそうです。しかし、発売日をずらすことで買い控えも発生してしまう可能性もありますし5.5インチを買おうとしていたユーザーが4.7インチの魅力にハマり先に買ってしまうなんてこもあるかもしれませんね!

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。