iPhone 6のカメラセンサーは大型化され電子式手ぶれ補正機能が搭載?

スポンサードリンク

iPhone 6のカメラのセンサーは大型化?

Appleの次期iPhone 6のカメラには光学式手ぶれ補正機能ではなく電子式手ぶれ補正機能が搭載されるとESM Chinaのアナリストが伝えています。

Iphone 5s rear camera 250x234

iPhone 6のカメラにはピクセルサイズがiPhone 5sの1.5umから1.75umに大きくなることでより多くの光をCMOSセンサーに取り込むことができ画質を向上させるとのころ。

光学式手ぶれ補正機能は搭載されず

さらに以前の情報では、光学式手ぶれ補正機能が搭載されると見られていましたが、筐体からカメラが突出してしまうことを防ぐために、電子式手ぶれ補正機能が搭載されるそうです。

iPhone 5sでもソフトウエアによる手ぶれ補正機能は搭載されており、A7チップの強力な性能を活かして手ぶれを補正してきましたが、iPhone 6ではさらに強化されるということになるのかもしれませんね。

[MacRumors]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。