iOS11 + iPad Proで3つのアプリを同時に操作、4本指でApp Spacesを表示可能に!

スポンサードリンク

iOS11+iPad Proで3つのアプリを同時に表示可能に

iOS11とiPad Proとの組み合わせによるマルチタスク作業は思っていた以上に便利になっているのかもしれません。

iOS10ではSplit Viewにより2つのアプリを同時に起動し操作することが可能ですが、iOS11ではSplit Viewで2画面操作をしている状態からSlide Overで3つ目のアプリを表示させることができ、最大3つのアプリを自在に操作することが可能となります。

また、ピクチャ・イン・ピクチャを組み合わせることで4つのアプリを同時に表示させることができるようになっています。

iOS11 マルチタスク

ピクチャ・イン・ピクチャは基本的には動画アプリでしか使用することができませんが、Split View(2画面まで)、Slide Over、ピクチャ・イン・ピクチャを組み合わせることで、動画を見ながらブラウザとメールを操作しながらカレンダーを呼び出し予定を確認するという使い方もできるようになりますね。

4本指で「App Spaces」を起動できmacOSと同じ操作性を実現

iOS10ではホームボタンを2回クリックすることでAppスイッチャーを起動することができますが、iOS11では4本の指で下から上にスライドさせることでAppスイッチャーを呼び出すことが可能になっています。

iOS11のAppスイッチャーは「App Spaces(Appスペーシズ)」という名称が名付けられているそうです。

iOS11 Appスイッチャー

iOS10のAppスイッチャーはただ起動しているアプリの一覧がスクロールして切り替えるだけの機能でしたが、iOS11のAppスイッチャーは起動中のアプリの一覧の他に、Dock、コントロールセンターも同時表示されるようになり、Split Viewで分割している画面をそのまま記憶することができるようになっており、かなり強力なマルチタスク機能へと進化を果たしています。

4本指を使ってApp Spacesを起動する方法はmacOSのミッションコントロールと同じ操作方法となっているので操作性で戸惑うようなことがなくなりそうです。

スポンサードリンク

iPad Proのみ対応か?

Split ViewとSlide Overを同時に使う機能はすべてのiPadで対応するかは現時点では不明ですが、iPad Air 2ではSlide Overを起動した時にSplit Viewの画面がグレーアウトして操作することができなくなったそうです。つまり、iPadやiPad miniでは対応せず、iPad Proのみで対応する機能である可能性が高そうです。

12.9インチのiPad Proではかなり生産性が向上することになりそうですが、9.7インチのiPad Proでは狭いと感じるかもしれません。だからこそ、Appleは10.5インチのiPad Proを開発したのかもしれません。

AppleInsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。