新型iPad Pro(10.5・12.9インチ)スペックを比較!旧型iPad ProとiPad(第5世代)と何が違う?

スポンサードリンク

新型iPad Proはどこが進化したのか旧型と比較してみた

Appleより新型の10.5インチiPad Pro12.9インチiPad Pro(第2世代)がリリースされて、旧型のiPad Proに乗り換えようと考えている方もいると思います。ということで、第1世代のiPad Proと比較して、どこがどう進化したのかをまとめました。

2017年モデルのiPad Proは9.7インチが廃止され、10.5インチが新たにラインナップに追加され、9.7インチは廉価版となるiPad(第5世代)のみとなりました。

iPad ラインナップ

ベゼル幅を狭くすることで9.7インチのiPad Proより1cmほど大きくなっただけでディスプレイの面積が20%拡大させることに成功し、本体サイズが少しだけ大きくなったことでSmart Keyboardもフルサイズキーボードを採用することが可能になり、使い勝手が大きく向上していることに期待できます。

iPadシリーズのスペック比較

12.9インチiPad Pro(第2世代)とiPad Pro(第1世代)、10.5インチiPad Pro、販売が終了した9.7インチiPad Pro、エントリモデルとなるiPad(第5世代)のスペックを比較してみます。

 モデル iPad Pro
12.9インチ
第2世代
iPad Pro
12.9インチ
第1世代
iPad Pro
10.5インチ
iPad Pro
9.7インチ
iPad
第5世代
ディスプレイ
サイズ
12.9インチ 10.5インチ 9.7インチ
解像度 2,732 x 2,048ピクセル
264ppi
2,224 x 1,668ピクセル
264ppi
2,048 x 1,536ピクセル
264ppi
広色域ディスプレイ(P3) × ×
反射防止コーティング
フルラミネーション・True Toneディスプレイ
× ×
ProMotionテクノロジー × × ×
CPU A10X Fusion
6コア(3+3)
A9X
2コア
A10X Fusion
6コア(3+3)
A9X
2コア
A9
2コア
GPU 型式不明
12コア
PowerVR Series 7XT
12コア
型式不明
12コア
PowerVR Series 7XT
12コア
PowerVR GT7600
6コア
ISP
(画像信号プロセッサ)
× × ×
ストレージ 64GB/256GB/512GB 32GB/128GB/256GB 64GB/256GB/512GB 32GB/128GB/256GB 32GB/128GB/
背面(iSight)カメラ 1200万画素
ƒ/1.8の開口部
800万画素
ƒ/2.4の開口部
1200万画素
ƒ/1.8の開口部
1200万画素
ƒ/2.2の開口部
800万画素
ƒ/2.4の開口部
光学式手ぶれ補正 × × ×
True Toneフラッシュ クアッドLED × クアッドLED デュアルLED ×
Focus Pixelsオートフォーカス × ×
4K動画撮影 × ×
720p(240fps)スローモーション × ×
連続オートフォーカスビデオ ×(タップしてフォーカス) ×(タップしてフォーカス)
人体検出と顔検出 ×(顔検出) ×(顔検出)
前面(FaceTime)カメラ 700万画素
1080p HDビデオ撮影
120万画素
720p HDビデオ撮影
700万画素
1080p HDビデオ撮影
500万画素
720p HDビデオ撮影
120万画素
720p HDビデオ撮影
Retina Flash ×
オーディオ 4スピーカー 2スピーカー
Touch ID 第2世代 第1世代 第2世代 第1世代 第1世代
Wi-Fi Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)MIMO
デュアルチャンネル(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.2
LTE LTE-Advanced(25バンド) LTE(21バンド) LTE-Advanced(25バンド) LTE-Advanced(25バンド) LTE(21バンド)
高さ 305.7 mm 250.6 mm 240 mm
220.6 mm 174.1 mm 169.5 mm
厚さ 6.9 mm 6.1 mm 7.5 mm
重さ Wi-Fiモデル:677g
Wi-Fi+Cellularモデル:692g
Wi-Fiモデル:469 g
Wi-Fi+Cellularモデル:477 g
Wi-Fiモデル:437 g
Wi-Fi+Cellularモデル:444 g
Wi-Fiモデル:469 g
Wi-Fi+Cellularモデル:477 g
価格
Wi-Fi・下位モデル
86,800円 販売終了 69,800円 販売終了 37,800円

A10X Fusionチップは6コアプロセッサに

10.5インチiPad Proと12.9インチiPad Pro(第2世代)に搭載されるA10 Fusionチップはパワーコアを3つ、エココアを3つ搭載した6コアのCPUプロセッサです。A9Xチップと比較してCPUで30%、GPUで40%も高速になったと公式で発表されています。

iPad Pro A10 Fusion 性能

これだけ性能が向上したA10X Fusionチップですが、状況を判断してより省電力なコアに自動的に切り替えることができるシステムとなっているので、電池の持ちはこれまで通りとなっています。

ProMotionテクノロジー搭載

10.5インチiPad Proと12.9インチiPad Pro(第2世代)のRetinaディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応したProMotionテクノロジーを搭載し、スクロールや動画再生がスムーズになるだけではなく指でのタッチ操作やApple Pencilでの操作の反応が格段に良くなっています。

ProMotionテクノロジーは状況によってリフレッシュレートを可変させるので、メモアプリなどを動きを優先しない時は24Hzにするなどして電池の消耗を抑えることができます。

スポンサードリンク

カメラの性能が向上

10.5インチiPad Proと12.9インチiPad Pro(第2世代)のカメラはiPhone 7と同等レベルの性能に向上しています。

iSightカメラは1200万画素のイメージセンサーにƒ/1.8の明るいレンズ、光学式手ぶれ補正機能、画像処理専用プロセッサ(ISP)が新たに搭載されています。さらに、FaceTimeカメラも700万画素にスペックアップしています。

第2世代のTouch IDで指紋認証が高速に

10.5インチiPad Proと12.9インチiPad Pro(第2世代)でようやく第2世代のTouch IDが搭載されました。第2世代のTouch IDはiPhoneシリーズではiPhone 6s/6s Plusから採用されたもので指紋認証速度が格段に速くなりました。

それが2017年モデルのiPad Proでも採用されることになります。ホームボタンはiPhone 7/7 Plusのようなタッチ式ではなくボタン式が引き続き採用されています。

まとめ

10.5インチiPad Proが9.7インチiPad Proの事実上の後継機となったことで、9.7インチのディスプレイサイズはエントリーモデルのiPad(第5世代)だけになってしまいました。

確かに9.7インチのディスプレイサイズでスマートキーボードを使って作業をするのは画面の狭さを感じていたので、本体サイズを少しだけ大きくすることで画面をギリギリまで拡大したのは良い改善点なのかもしれません。そもそも、9.7インチというディスプレイサイズはソファーで座ってタッチ操作するのに適したサイズということで生み出されたものなので、作業をするということには向いていないサイズだったのかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。