10.5インチiPad Proの本体サイズは9.7インチより大きくなる?ケースの画像が流出!

スポンサードリンク

iPad Pro 10.5のケースの画像が流出

Appleが6月に開催するWWDC 2017にて新型のiPad Pro 2を発表するのではないかとみられていますが、新たなディスプレイサイズとなる10.5インチのiPad Proのクリアケースとみられる画像が流出したようです。

iPad Pro 10.5 クリアケース

今までの情報では10.5インチのディスプレイを搭載したiPad Proはベゼルレスディスプレイとホームボタンを廃止することで9.7インチのiPadと同じ本体サイズを実現すると言われていましたが、どうやらそうではなく本体サイズは9.7インチからわずかに大きくなっているようです。

以下は10.5インチiPad Proのケースの中に9.7インチのiPad Proを入れた画像となっていますが、少しだけケースの方が多いことがわかります。

10.5インチのiPad Proは今まで通りホームボタンが搭載され、上下のベゼルは19mm、左右は7mmになるという細かい仕様も明らかになっています。

確かに今までのiPadに比べるとベゼルは狭くなっているものの本体サイズを9.7インチと同一というわけにはいかなかったようですね。

同氏はサードパーティ製の他のケース画像も公開しています。

他のiPad Proと同様にステレオスピーカーのための上下に4つの切り込みがあることが確認できます。また12.9インチ用のケースではカメラの部分が縦長に切り込むが入っており、True Toneフラッシュが搭載される可能性が高そうです。ということは画素数も800万画素から1200万画素に向上することも考えられますね。

スポンサードリンク

9.7インチというサイズは手に持って操作をした時にはちょうど良い大きさだったので、少しだけ本体サイズが大きくなることで、どれほどモバイル性を失うことになってしまうのかが心配なところ。

スマートキーボードを装着してiPad Proとして使用することを考えた時に9.7インチというディスプレイサイズでは少し小さいという判断がされた可能性があるのでしょうか。9.7インチのiPad Proのスマートキーボードもちょっと小さくて角度がおかしかったりしますし…。

もし10.5インチが登場することになった場合、9.7インチのiPad Proの行方がどうなるのかも気になるところではありますね。

9To5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。