iPad(第5世代)実機比較レビュー!iPad Air 2/Proから何が変わったのか?

スポンサードリンク

iPad(第5世代)の開封レビュー!

iPad(第5世代)はiPad Air 2よりも本体の厚みや重量が増えてしまい、ディスプレイの品質も低下してしまうなどちょっと微妙なスペックになってしまいましたが、iPhone6s/6s Plusと同じA9プロセッサを搭載しながらiPad(第5世代)の32GBモデルなら3万円台で購入することができる、コストパフォーマンスに優れたデバイスになっていると思います。

ということで、iPad(第5世代)を購入したのでレビューをしたいと思います。iPad Air 2とiPad Proとの違いも比較していきたいと思います!

iPad 第5世代

iPad(第5世代)スペック

iPad(第5世代)のスペックは以下のとおり、iPad Airと似た性能となっており、iPad Air 2の後継機ではなくiPad Airをベースに性能を進化させたようなデバイスになっていることがわかります。

iPad iPad Pro iPad Air 2 iPad Air
ディスプレイ 9.7インチ 2,048 x 1,536ピクセル
ディスプレイ性能
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
  • 耐指紋性撥油コーティング
CPU A9 A9X A8X A7
RAM 2GB 1GB
ストレージ容量
  • 32GB
  • 128GB
  • 32GB
  • 128GB
  • 256GB
  • 32GB
  • 128GB
  • 16GB〜
  • 128GB
背面カメラ
  • 800万画素
  • ƒ/2.4の開口部
  • 1200万画素
  • ƒ/2.2の開口部
  • Live Photos
  • True Toneフラッシュ
  • 写真の広色域キャプチャ
  • Focus Pixels AF
  • 4K動画撮影
  • 800万画素
  • ƒ/2.4の開口部
前面カメラ
  • 120万画素
  • ƒ/2.2の開口部
  • 500万画素
  • ƒ/2.2の開口部
  • Retina Flash
  • 120万画素
  • ƒ/2.2の開口部
Touch ID ×
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n
スピーカー 2つ 4つ 2つ
Apple Pencil × × ×
Smart Keyboard × × ×
バッテリー容量 32.4Wh 27.5Wh 27.3Wh 32.4Wh
バッテリー駆動時間 最大10時間
  • 高さ
  • 厚さ
  • 重量
  • 240mm
  • 169.5mm
  • 7.5mm
  • 469g
  • 240mm
  • 169.5mm
  • 6.1mm
  • 437g
  • 240mm
  • 169.5mm
  • 7.5mm
  • 469g

iPad(第5世代)の外観

iPad(第5世代)の箱はいつも通り白をベースとしたデザインとなっており、蓋を開けるとiPad本体が顔を出してくれます。

iPad 第5世代 開封

付属品は充電器とLighteningケーブルなどが入っています。

iPad 第5世代 付属品

こちらが電源を入れた状態のiPad(第5世代)ですが、見た目はiPad Air 2やiPad Proとの違いが分からないですね。

iPad 第5世代 外観

指紋認証のTouch IDも搭載されているのでロック画面の解除や支払いの時に便利ですね。まあ、指紋認証は今や標準機能の一つですからね。今後、ホームボタンが廃止された時にどのようにして指紋認証機能を使うことになるのか気になるところ。

iPad 第5世代 Touch ID

下部にステレオスピーカーとLighteningコネクタが搭載されています。

iPad 第5世代 背面部分

背面カメラに関してはiPad Proと違い、iPad Air 2と同じようにフラットなレンズとなっています。そもそも、どうしてiPad Proのカメラは出っ張りレンズになってしまったのかが謎すぎるんですけどね..。

iPad 第5世代 カメラレンズ

iPad(第5世代)・iPad Pro・iPad Air 2の外観比較

iPad(第5世代)とiPad Pro、iPad Air 2の外観を比較してみます。

本体の厚み

iPad Air 2とiPad Proの本体厚みは6.1mmですが、iPad(第5世代)は7.5mmと1.4mm厚くなっています。数字上は大したことがないように見えますが、手で持つと明らかに厚くなっていることがわかります。また重量も増えているのでiPad Air 2を持ってからiPad(第5世代)を持つとすこし重いと感じるかもしれませんね。

ステレオスピーカーの位置はiPad Air 2と同じになっていることが確認できます。

iPad(第5世代)・iPad Pro・iPad Air 2 本体比較 下部
上:iPad(第5世代)、中:iPad Pro、下:iPad Air 2

また、エッジ部分の光り方が違うことも確認できますね。どうも加工処理が今までのiPadとは異なり、光沢のある処理から光沢のない処理に変更されているようですね。

iPad 第5世代のエッジ加工
上:iPad(第5世代)、中:iPad Pro、下:iPad Air 2
iPad(第5世代)・iPad Pro・iPad Air 2 本体比較 上部
上:iPad(第5世代)、中:iPad Pro(Cellularモデル)、下:iPad Air 2

iPhone 5sのマイナーアップモデルとなるiPhone SEもエッジ部分の可能がマットなものに変更されましたが、iPad(第5世代)も(iPad Airのマイナーアップモデルとして)同じような関係性になっていると言えるかもしれません。

音量ボタンは少しだけ大きくなっています。

iPad 第5世代、iPad Pro、iPad AIr 2 音量ボタン
上:iPad(第5世代)、中:iPad Pro、下:iPad Air 2

というよりも幅が広くなった感じでしょうか。

iPad 第5世代、iPad Pro、iPad AIr 2 音量ボタンの配置
上:iPad(第5世代)、中:iPad Pro、下:iPad Air 2

iPad(第5世代)のカメラレンズはフラットタイプのものが搭載されています。LEDフラッシュは非搭載です。また、カメラレンズ近くにあったマイクの穴は本体中央に移設されているのがわかります。

カメラレンズの比較
右:iPad(第5世代)、中:iPad Pro、左:iPad Air 2

iPad Air 2やiPad Proには搭載されているフルラミネーションディスプレイですが、iPad(第5世代)は非搭載となっており、見た目からその違いが分かります。

左:iPad Air 2、右:iPad Pro
左:iPad Pro、右:iPad(第5世代)

フルラミネーションディスプレイは保護パネルとの隙間が狭く光りの反射が少なく色合いもより深いものとなっています。

フルラミネーションディスプレイの反射比較
左:iPad Air 2、中:iPad(第5世代)、右:iPad Pro

順番がバラバラで申し訳ないのですが、左からiPad Air 2、iPad Pro、iPad(第5世代)の光の反射を比較したものです。

iPadの反射比較
左:iPad Air 2、中:iPad Pro、右:iPad(第5世代)

フルラミネーションディスプレイを搭載していないiPad(第5世代)は保護パネルとの隙間も広く反射も多くなってしまい、明るい場所で使う場合は少し見にくいと感じることもあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

iPad Proとの差別化

iPad(第5世代)は本体サイズやRetinaディスプレイの品質が2世代前のiPad Airと同じとなっておりiPad Air 2の後継機とはいえないスペックになってしまいましたが、価格がiPad Air 2よりも安くなっていることから手に取りやすいと感じる方も多いのかもしれません。

Wi-Fiモデル iPad(第5世代) iPad Air 2(廃型) iPad Pro
32GB 37,800円 42,800円 62,800円
128GB 48,880円 52,800円 72,800円
256GB 82,800円

性能はiPhone6s/6s Plus/SEに採用されているA9チップを搭載しているので、iPad Air 2と同等レベルの性能を持っているので普通に使うなら特の問題は出てこないでしょう。むしろ、性能は高い方だと思います。

とはいえ、iPad Air 2よりも本体の厚みを分厚くしたりディスプレイ品質を下げることで、よりiPad Proと差別化が図られたことにもなり、iPad Air 2の後継機を待ち望んでいたユーザーはiPad Proを購入するきっかけになるのかもしれませんね。iPadとiPad Proの32GBモデルの価格差は25,000円。これを高いと見るか、安いと見るか…。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。