2017年発売のiPad Pro2は12.9/10.5インチでA10Xチップ搭載、iPad Air3は9.7インチでA9チップを搭載か?

スポンサードリンク

10〜10.5インチのiPad Pro 2が2017年に登場か

2017年にリリースされると予想される次期型のiPad Pro2に関しての情報をKGI証券のMing-Chi Kuo氏が伝iPad Pro2は10〜10.5インチのベゼルレスディスプレイを搭載したハイエンドモデルが追加されると伝えているようです。

これは今まで出てきた情報と一致しており2017年に登場することになるiPad Pro2は大きな変化を遂げることになりそうです。

iPadシリーズ

Appleは2017年に12.9インチのiPad Pro2、10〜10.5インチのハイエンドモデルのiPad Pro2、そしてエントリーモデルとして9.7インチのiPadの3つの新しいiPadシリーズをリリースすることを計画しているとのことです。

iPad Pro2はA10Xプロセッサ搭載

12.9インチと10〜10.5インチのiPad Pro2はTSMC製のA10Xプロセッサが採用され、9.7インチのiPadに関してはSamsung製のA9プロセッサが採用するのではないかと予想しており、デザインが大幅に変更されるのはハイエンドモデルとなる10〜10.5インチのiPad Pro2になるようです。

同じ第2世代のiPad Proでデザインが異なるのは違和感を覚えますね…。どうせなら12.9インチモデルも10〜10.5インチのiPad Proと同じデザインのベゼルレスディスプレイを搭載して本体サイズを小さくしてくれると非常に嬉しいんですけどねー。

スポンサードリンク

エントリーモデルのiPadはいわゆる現在販売されているiPad Air 2の後継機のことを指しているのでしょう。iPad Air3という名称を採用しない可能性が高く、MacBookシリーズと同様にAirの名称を消しiPadとして登場することになるかもしれません。(

現状、エントリーモデルとして販売されているiPad Air 2はA8Xプロセッサを搭載しています。iPhone 6s/6s Plusに搭載されているA9プロセッサとほぼ同じ性能となっています。

iPad CPUの性能差

A9Xプロセッサを搭載するよりも安上がりで十分の性能を持ったプロセッサなので、あり得る話なのかもしれませんね。→予想通りAirの文字が消えてiPadとして2017年3月にリリースされました。プロセッサもiPhone6s/6s Plusと同じA9チップです。)

2017年は低価格モデルの出荷台数が増える?

2017年のiPadシリーズの出荷台数は引き続き少なくなっていくことが予想されていますが、大幅に台数が減少した2015年から2016年と比べて改善する見込み。

新型モデルのiPad Pro2とエントリーモデルのiPadがリリースされることによって出荷台数が増え、低価格のエントリーモデルのiPadの出荷台数は2017年に出荷されるiPadの総台数の50〜60%を占めると予想しています。

現在までに新型のiPad Proのディスプレイサイズは10.1インチ、10.5インチ、10.9インチなど様々なサイズが噂されています。これはAppleが様々なサイズのディスプレイをテストしているからのようで、実際にどのサイズで登場することになるかはまだ分からないようですね。

追記:低価格のエントリーモデル「iPad(第5世代)」がリリース

エントリーモデルのiPadとしてiPad Air 2の後継機ではない「iPad(第5世代)」が2017年3月に発売が開始されました。性能的にはiPad Air 2と同等レベルのものになっていますが、本体の厚みが少しだけ厚くなっています。価格は3万円台で購入することができるので、Proモデルとの差別化が実施されたことになりますね。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。