iOS10でSafariの画面を分割表示(Split View)する4つの操作方法

スポンサードリンク

iOS10 Safariの2画面表示機能「Split View」

iOS10はiPad向けの2画面表示機能「split-view」がSafari内で利用することが可能となりましたが、9To5Macが操作方法を説明した動画を公開しています!

動画を見た限り、かなり使い勝手が良さそうな機能になっているようで、フル活用することで色々と作業をする時に大きく効率はかなり上がるかもしれません!

Safari内の画面分割機能を使用する方法

Safariの画面分割機能を利用するには4つの方法があります。

  • 画面上のリンクメニューから分割
  • キーボードショートカットキー「command + N」から分割
  • タブを画面隅にドラッグして分割
  • タブボタンを長押し分割

画面上のリンクメニューから分割

画面上のリンクを長押しすることで、「開く」や「新規タブで開く」などを選択できるメニューが表示されましたが、ここに「Opne in Split View」という項目が追加されています。

iOS10 2画面表示機能 Safari

キーボードショートカットキー「command + N」から分割

外部キーボードからは「command + N」が新たに割り当てられ、画面を分割することができるようになっています。iOSのキーボードショートカットキーに「command + N」が割り当てされていなかったことに驚きです。

iOS10 2画面表示機能 Safari キーボード

タブを画面隅にドラッグして分割

上部のタブメニューをドラッグして右隅か左隅に移動させることでSplit Viewを起動させることも可能です。

iOS10 2画面表示機能 Safari タブ移動

一番、使用用途が高そうなのがタブをドラッグして移動させるこの方法かもしれませんね。これはSafariの利用が捗りそうな予感がします。

スポンサードリンク

タブボタンを長押しで分割

タブボタンを長押しすることで「Opne in Split View」と「Close Tab」を選択することが可能に。「Opne in Split View」をタップすることで画面を分割することが可能となります。

iOS10 2画面表示機能 Safari タブ

開いているタブを一気に削除することができるようになったのも便利な機能と言えるかもしれませんね。

まとめ

iOS9で追加されたiPad Air2/mini4/Pro専用の2画面操作機能「Split View」ですが、Safariなどのウェブブラウザで画面を並べて使うことができず不便を感じていたので、iOS10でこの辺りが改善されるのは非常に嬉しいところです。

なお、縦画面表示の時はSafari内の「Split View」の起動はできない仕様となっており横画面で使用限定の機能になっているようですね。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。