Smart Keyboardが意外と文字が打ちやすくて使い勝手が良かった!開封実機レビュー!

スポンサードリンク

Smart Keyboardの実機レビュー

iPad Proの専用の外部キーボードとなる「Smart Keyboard(スマートキーボード)」が手元にようやく届きました!

現時点ではJIS配列のキーボードは用意されておらず、US配列のみしか使用することができないので、JIS配列を利用している方は注意が必要です。この記事はsmart keyboardを使って文字を入力をしているのですが、タイピングのし易さという点においては思っていた以上に使いやすいです。

しかし、iOSのキーボードに割り振りされている機能の呼び出しがOS Xと異なっていることや、すでに僕はライブ変換機能にの使用に慣れてしまったことから、自動的に文字が変換されないことに違和感を感じています。

特に日本語から英記への切替でcommand+spaceが使えず地球キーを押さないと切り替えができないのはちょっと使いずらいですね。

装着前のSmart Keyboard

Smart Keyboardのパッケージデザインです。

smart keyboard パッケージ

外装のフタを開けるとSmart Keyboard本体と説明書がお披露目です。

Smart Keyboard の中身

Smart Keyboardはフィルムでしっかりと保護されています。

フィルムで梱包

上から見るとSmart Coverと見分けがつかないデザインとなっていますね。

Smart Keyboard 正面

裏生地はiPad Proのディスプレイを傷付けないように裏起毛になっています。これは、他のモデルのカバーも同様な設計となっています。

Smart Keyboardの裏生地

Smart KeyboardとiPad Proを接続するためのポート、Smart connectorです。このおかげで直接文字入力のデータがやりとりされるて延滞することなく文字を入力することが可能となっています。また、給電もこのポートから行われていますのでバッテリーが切れるという心配も避けることができます。

コネクター

まあ、とにかく長いです。

Smart Keyboard 大きい

iPad Proに装着

iPad ProにSmart Keyboardを装着するとこんな感じになります。キーボードがある分、若干ですが底上げされていることが確認できます。

Smart Keyboard

見た目はちょっと大きいことが気になりますが、手で持つとさほど気になりません。また、重量感も許容範囲ではないのかなーと感じます。

段差 Smart Keyboard

キーボードスタイルではこんな感じに。ディスプレイの角度を調整することはできませんが、12インチのMacBookと比較しても画面が大きいので特に首が疲れるということもなく、角度調整ができなくても問題ないといった感じだしょうか。

Smart Keyboard

溝にiPad Proに入れる感じでやれば簡単にキーボードスタイルにすることができます。

キーボードスタイルにする方法

キーボードは飲み物をこぼしてしまったとしても壊れることがないように耐久性の高いファブリック素材で作られています。左下にあるのが文字の切り替えを行なう地球儀マークです。この辺りの使用をOS Xと同じ仕様にしてくれると助かる部分でもがあるのですがね。

キーボードの素材

質感がなかなか高くていいと思います。キーストロークもMacBookよりも高くてキーをタップした時の跳ね返りは十分得ることができます。あとは、耐久性が実際にどれくらいもつのかという点が気になる部分とも言えそうです。

ファブリック素材のkeyboard

キーボードスタイルにおいては、そのまま上に持ち上げたとしても磁石でくっついるのでスタイルを崩すことなく利用することができます。

持ち上げても大丈夫

iPad Proを乗せる部分に磁石が付いていてくっ付くようになっているようです。

iPad Proをのせる溝に磁石

フォトスタンドモード、つまりSmart  Coverと同じスタイルにするとこんな感じとなります。キーボードが後ろに来ます。

フォトスタンドモード

意外とこのスタイルにする方法が難しく、今もどのようにするんだっけ…と迷ってしまうくらいです。

全体的なSmart Keyboardの評価として

スポンサードリンク

タイピングについては想像以上に打ちやすいという印象です。12インチのMacBookの浅いキーが苦手という方にとっては、もしかしたらSmart Keyboardの方が文字を打ちやすい感じるかもしれません。

作りもしっかりとしているので、MacBookのように膝の上に置いて使うこともできるので意外と使えるシーンは多いのかもしれません。

ただ、モバイルOSのiOSということもあって、文字の切り替えがMacとは違った切替方法となっており、地球儀マークをタップすることで切り替えることができるあたりが少し使いにくい部分でもあります。なぜ、このような設計にしたのか分かりませんが、あくまでiPad Proは今までのiOSユーザーをターゲットとした製品であるということなのかもしれません。

画面が非常に大きいということもあり、12インチのMacBookよりも文字の入力がしやすいという印象を持っていますが、アプリの切り替えや写真やファイルの扱いで少々戸惑いを感じますがiCloud Driveや写真アプリを利用することで問題は解決できます。

なので、慣れることによってブログの更新もiPad Proから行うことはできるでしょう。パソコンを持つほどでもないけどブログを更新したいというユーザーにとってiPad ProとSmart Keyboardの組み合わせで十分なのかもしれません。

ただし、この金額を出せば普通にMacBookを購入することができるという点がネックと言えるかもしれません。

iPad Pro – Appleオンラインストア
Smart Keyboard – Appleオンラインストア

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。