どでかいiPad Proの実機レビュー!画面の大きさ以外のiPad Air2との違いも!

スポンサードリンク

iPad Proの実機レビュー

12.9インチのiPad Proを購入してとにかく画面が大きい!という感想を持っているのですが、9.7インチのiPad Air 2と画面の大きさ以外でどこに変化があったのか、様々な視点から開封レビューも含めて紹介します!

購入したのはiPad ProのWi-Fi 128GB スペースグレイモデルです。32GBと悩みましたが、スピーカーの音が良いという情報があったので音楽プレイヤーとしての用途も考慮して128GBモデルを選択しました。まあ、大は小を兼ねるってやつです。

iPad Pro 外観

iPad mini2、iPad Air2、iPad Proを並べてみましたが、とにかくiPad Proの画面の大きさに驚いてしまいます。

iPad ラインナップ

MacBookよりも大きいです。この迫力。

iPad ProとMacBook 比較

この大きさになると机に置いて手書きするのに非常に適しているなと感じます。ただ、Apple Pencilがまだ届いていないのでiPad Proの真価を今の時点で確認することができませんが。

iPad Pro メモアプリ手書き

正面から見て左サイドにはSmart keyboardを利用するためのSmart Connector端子が3つ存在します。ここからデータの転送や電源の供給を直接やり取りをすることになります。

smart keyboardの端子

iSightカメラはF2.4の800万画素のイメージセンサーが搭載されており、iPad Air 2と同じスペック。そして、電源ボタンと音量ボタンが右上に搭載されています。

iPad Pro カメラ

iPad Proは4つのスピーカーが搭載されています。とにかくスピーカーの穴が多いです。そして、音がかなり良いです。

iPad Pro スピーカーグリル

今までのiPadとは比べものにならないくらい音が良くビックリします。最大音量も今までモデルと比べても大きくなっているようで、この1台だけで音楽プレイヤーとして使用することができるのではないのかなーって思うくらいです。

スポンサードリンク

ソフトウェア面でiPad Air/miniと異なる点

iPad Air/miniとiPad Proではソフトウェア面で違いが少しながら存在します。

ソフトウェアキーボード本が格的に

iPad Proのソフトウェアキーボードは本格的な配列になり、外部キーボードがなくてもそれなりに使いやすくなっています。

以下の画像はiPad Air/miniで採用されているデザインです。

iPad Air ソフトウェアキーボード

そして、iPad Proおのソフトウェアキーボードです。数字や記号のキーも上部に追加されたことにより文字の切り替えが少なくなるのが非常にうれしいところ。

iPad Pro ソフトウェアキーボード

この差はかなり大きいようにも感じますね。

画面の拡大機能が利用可能に

iPhone6/6 Plusのように画面を拡大しiPad Air/miniと同じ素材の大きさで利用することが可能です。「設定」→「画面表示と明るさ」から画面表示の拡大機能が利用可能となりました。

標準設定がこちら。

画面 標準 iPad Pro

そして、拡大表示をした時の画面がこちら。

拡大 iPad Pro

画面表示の拡大をするとアイコンなどがかなり大きくなります。老眼気味の僕にはいいかも?

iPad Proの魅力はこれから

とにかくiPad Proは画面が大きいです。「Smart Keyboard」と「Apple Pencil」を追加してこそこのデバイスの本当の魅力を感じることができるのかなと思っていますが、全て揃えるとMacBookを普通に購入することができる金額にまで跳ね上がることになります。

  • iPad Pro Wi-Fiモデル(32GB):94,800円(税別)
  • iPad Pro Wi-Fiモデル(128GB):118,800円(税別)
  • iPad Pro Wi-Fi+LTEモデル(128GB):128,800円(税別)
  • Apple Pencil:11,800円(税別)
  • Smart Keyboard:19,800円(税別)
  • iPad Pro Smart Cover:7,800円(税別)
  • iPad Pro Silicone Case:9,800円(税別)

この価格にiPad Proの提供する体験に価値があるのかどうか、「Smart Keyboard」と「Apple Pencil」を使ってみないと分からない部分は大きいです。

何れにしても、現在はiPad Proに対応していないアプリが多く、広大なディスプレイ画面を持つiPad Proの性能を活かしきっていません。この辺りは今後のアップデートで対応される部分だと思いますので、iPad Proの魅力を感じるにはもう少し後のことになるかもしれません。

ただ、iPad Proの画面を見てからiPad Air 2を見ると「小さい!」って思ってしまうのが何とも不思議な感覚でもありますね。

ここまでモバイル性を犠牲にしたiPad Pro。違った価値を提供してくれることになりそうですが、少なくともモバイル性という観点から見ると12インチのMacBookの方が気軽に持ち運びができると思っています。

iPad Pro – Appleオンラインストア

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。