iPad ProのLightningポート「USB 3.0」の転送速度対応へ

スポンサードリンク

iPad ProのLightningポート「USB 3.0」対応へ

12.9インチのiPad ProのLightningポートの転送速度がUSB 2.0(25MB/秒)のではなくUSB 3.0(60MB/秒)をサポートしていることが明らかになりました!

iPad Pro

iFixitが公開している分解レポートにおいてはUSBコントローラーが Fresco LogicのUSB 3.0ホストコントローラとなる「FL1100」が搭載されていることが明らかになっており、CNETのScott Stein氏がiPad ProがUSB 3.0に対応していると発言、さらに写真家のJeff Carlson氏もiPad ProのLightningポートでUSB 3.0の転送速度を利用することができると言及しています。

現行モデルのiPhoneやiPadシリーズのLightningポートの転送速度はUSB 2.0の25MB/秒となっていましたが、iPad ProではUSB 3.0の60MB/秒に対応することになります。

現時点ではケーブルが対応していない

しかし、現時点ではUSB 3.0に対応したLightningケーブルやアダプタが存在していないことから、すぐにこの転送速度を利用する事ができるわけではないようですが、Appleは近いうちにUSB 3.0規格に対応したLightningケーブルなどを導入する予定になっているとのこと。

iPad Proに付属しているLightningケーブルもUSB 3.0の転送速度に対応していない…ってことなんでしょうかね?

いずれにしても、Lightningポートによるデータの転送作業は今までよりも快適に作業をすることができそうです。さすが、Proの称号を与えただけのデバイスだけあります。今後、その他のデバイスにおいてもLightningポートのUSB 3.0化の可能性はかなり高くなったと言えそうです。

iPad Pro – Appleオンラインストア

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。