iPad mini4の分解レポートが公開!A8チップに2GBのRAM、バッテリー容量が少なくなる!

スポンサードリンク

iPad mini4の分解レポート

先日、発売が開始された iPad mini4 の分解レポートをiFixitが公開しています。

iPad mini 4 分解

iPad mini4はデザインがiPad Air2のように薄く再設計されたモデルとなっていることもあり、中身を大きく構造を変化させているようです。

バッテリー容量が小さくなった

特にバッテリーのセルが以前まで小型の容量のものを2個搭載していたのが、iPad mini4では大きな容量のものを1個搭載しています。

iPad mini 4 バッテリー

バッテリー容量は iPad mini3 が 6,471mAh でしたが iPad mini4 は 5,124mAh と1,300mAhも小さくなっていることが確認出来ます。

A8プロセッサに2GBのRAM内蔵

iPad mini4は2GBのRAMが搭載していることが明らかになっていましたが、iPad mini4に搭載されているA8プロセッサにSK Hynix製の2GBのRAMを内蔵したタイプのものとなっているようです。また、フラッシュストレージはSK Hynix製となっています。

iPad mini4 A8プロセッサ

iPad mini4のWi-Fiは最大で866Mbpsの通信速度を誇っていますが、Wi-FiモジュールはUniversal Scientificの339S0213から339S00045 に変更されています。

スポンサードリンク

性能が上がるもバッテリー駆動時間に不安か

iPad mini4はA8プロセッサと2GBのRAMを搭載することで、iPad mini3と比較しても比べものにならないくらい快適に動作することが予想されますが、バッテリー容量が大幅に減ってしまったことで、電池の持ちが悪くなっていないのかが心配です。

ちなみに、公式の数値ではどちらも「Wi‑Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間」となっています。

iFixit

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。