iPad mini4はiPad Air2の小型版となりiPad Air3はA9チップ搭載か?

スポンサードリンク

iPad mini 4とiPad Air 3の最新情報

少し前に9.7インチiPad Airの新モデルが2015年は発売されないかもしれないという情報がありましたが、Macお宝鑑定団Blogが信頼のある情報筋より2015年モデルは iPad Air 3 と iPad mini 4 、iPad Pro の3モデルが発売される可能性があると伝えています。

ipadairvsmini2_000.jpg

iPad mini4はiPad Air2の小型モデル

iPad mini4はiPad Air2の小型版になる可能性が高く、サイズは現行モデルと同じで本体の厚みがiPad Air2と同じ6.1mmになるようで、さらに薄くなるとのこと。

また、iSightカメラの仕様がiPad Air2と同じとなり、さらにディスプレイにフルラミネーションと反射防止コーティングが施されるとのことでiPad Air 2と同等の見やすい画面に進化するようです。

スポンサードリンク

iPad Air 3はA9チップを搭載し登場?A9Xの可能性は?

iPad Air 3に関しては本体デザインは現行モデルと同じとなり、A9チップを搭載して登場する可能性があるとのことです。

少し前の情報ではiPad Air3が発売されないのではないかという情報がありましたがどうなんでしょうかね。個人的にはA9プロセッサはデュアルコアを維持してくると思っているので、もし3コアを搭載しているA8XプロセッサからA9プロセッサにした場合は性能が下がってしまうことになりそうです。

iOS9では2画面表示機能などプロセッサの負荷が高くなりそうな処理がふんだんに組み込まれているため性能強化は必須。ということは、iPad Air 3が発売することになればプロセッサにはA9Xが搭載される…という可能性もあるのかもしれません。

追記(201701):iPhone 6s/6s Plusに搭載されているA9プロセッサは、iPad Air 2のA8Xよりも高い性能を持っておりiPadで使うことに対しては問題はないようで、2017年1月に出てきた情報ではエントリーモデルとなるiPad Air 2の後継機にはA9チップが採用されるのではないかと言われています。

Macお宝鑑定団Blog

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。