2017年の次世代iPadにJOLEDの有機ELディスプレイが採用される?

スポンサードリンク
iPad Air2とiPad mini2

次世代iPadのディスプレイはJOLEDが供給か

今年の秋にもリリースされるのではないかとみられる12.9インチのiPad Proは以前からOxide TFT(酸化物半導体TFT)が採用されると伝えられていましたが、2016年〜2017年の次世代のiPadのディスプレイは次世代のOLED(有機ELディスプレイ)が採用され 日本の「JOLED」が開発に参加すると伝えられています。

12.9インチのiPad ProはLGディスプレイのOxide TFTが採用されるそうで、酸化物半導体TFT液晶といえばシャープですが…ないのでしょうかね。

関連 12.9インチiPad Proは酸化物半導体TFT液晶(IGZO)を採用か?

JOLEDは、ソニー、パナソニック、ジャパンディスプレイの3社が共同で2015年1月に設立した新しい会社で中型のタブレット、モバイルPCで利用される有機ELディスプレイの開発をメインに行っているので、iPadはまさにターゲットとしている製品と言えます。

情報によると、JOLEDがAppleの次期iPadのディスプレイの生産を行い、次世代のOLEDを採用することで電力消費量を大幅に削減することができ、さらに本体の厚みをさらに薄くすることも可能になるとしています。

しかし、歩留まりが悪いという問題点もあることからJOLED内のジャパンディスプレイが培ってきた低温ポリシリコン(LTPS)の製造プロセスを利用して解決をしていく必要があるようです。

現在のApple製品はLTPSパネルが多い

スポンサードリンク

現在のAppleの製品の多くはiPhoneなども含めて低温ポリシリコン(LTPS)のTFTパネルが多く採用されていますが、Apple WatchにおいてはLGディスプレイが開発製造するOLED(有機ELディスプレイ)を採用するなど特に省電力が求められるデバイスから採用が始まりました。

関連 Apple Watchのp-OLEDディスプレイはLGが独占供給か

AppleはジャパンディスプレイのLTPSパネルの生産工場に巨額な投資をするなど、まだまだ有機ELに移行する気配は見受けられませんが、少しずつではありますがOLEDの開発も進めて、来る時期が来たときにOLEDを採用することができるように準備をしているということなのかもしれません。

関連 Apple WatchでOLEDを搭載するも次期iPhoneは引き続きLCDを採用か

PatentlyApple

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。