iPad mini4のバックパネル画像がリーク!薄くなってA9チップ搭載?

スポンサードリンク

iPad mini4のバックパネルがリーク!

2014年秋に発売されたiPad mini3はiPad Air2が大きくモデルチェンジをしたなかTouch IDが搭載されただけというマイナーチェンジとなっていたことからiPad miniシリーズこのまま終焉を迎えるのではないかという憶測もあります。

しかし、iPad mini4は存在する可能性が高くなってきたようです!

2015年秋に発売されるのかどうかは不明ですが、iPad mini4とみられるバックパネルの画像が流出しNowhereelse.frが公開をしています。

上部部分がくり抜かれていることからCellularモデルと見られるiPad mini 4のバックパネルの流出画像はこちらです。

iPad mini 4 バックパネル

iPad Air 2と同じデザインに

見た感じとして、マイクの穴の位置が上部のカメラの横の位置に移設されたりミュートスイッチボタンが廃止されるなど現在のiPad Air 2と同じデザインが採用されているようです。

iPad mini4 背面パネル

スピーカーの穴も2列から1列配列に変更されています。

iPad mini 4 スピーカー

ミュートスイッチボタンが廃止されたりスピーカーの穴が1列になったことで薄型化が実現しているのか、気持ちiPad mini3と比べても薄くなっているかのようにも見えます。

プロセッサはA8XかA9か

iPad mini 3はiPad mini2にTouch IDが搭載されただけでプロセッサはA7チップが据え置きで登場しまししたが、iPad mini 4は周回遅れでiPad Air2と同じA8Xプロセッサで2GBのRAMを搭載して登場する可能性は高いのかもしれません。

ただ、A8XプロセッサはRAMを内蔵させるタイプのプロセッサではなく外付けでRAMを実装する必要があり、スペース的に採用することは難しいかもしれません。iPhoen 6sに採用されるA9プロセッサはプロセッサ内に2GBのRAMを搭載してくることが予想されるので、もしかするとA9プロセッサがiPad mini4に採用されるかもしれませんね。

追記:iPad mini 4はA8プロセッサと2GBのRAMの組み合わせで発売が開始されました。A8プロセッサはiPhone 6/6 Plusに採用されたもので1GBのRAMを搭載したものでしたが、2GBのRAMにグレードアップしたA8プロセッサが採用された形となりました。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。