JR西日本が新幹線乗務員にiPad AirとiPad miniを支給へ!

スポンサードリンク

JR西日本が新幹線でiPad導入へ

JR西日本が、新幹線の全乗務員に対してAppleのiPadを貸与することを発表しました。

これは、JR西日本の「中期経営計画2017」の4つの事業戦略において「世界に誇る技術を持つ新幹線のポテンシャルを高める」こと掲げその一環の取り組みとして、iPadの支給を決定したようです。

JR西日本 iPad支給

各乗務員に支給されるiPadは運転士はiPad Air、車掌、客室乗務員はiPad mini、導入台数は約1,200台にもなるようです。2015年1月13日宇より山陽新幹線で、2015年3月14日より北陸新幹線金沢開業と合わせてiPadが導入されるとのことです。

iPad導入のメリット

JR西日本がiPadを導入することで、新幹線や沿線在来線の最新の運行情報をリアルタイムに取得することが可能となり、進行状況をリアルタイムに知ることで乗車しているお客さんに対して正確な情報提供が可能になるようです。また、簡易案内翻訳ツールなどを活用することで、外国人旅行者に対応するなどサービス全体の向上を目指しています。

スポンサードリンク

また、マニュアルも電子化されることで運転士が約3キログラムから800グラム、車掌が約2キログラムから700グラムへ軽量化されることの負担を減らす目的もあるようです。

JR西日本に先駆けて、JR東日本は首都圏の主要駅や地方の乗換拠点駅等を中心に2013年5月にiPad miniを7000台導入をしておりそれに続くような形となりました。

iPad miniはまだまだ現役か

乗務員に対しては安価な非RetinaモデルとなるiPad miniを支給されるということで、型落ちモデルでスペック的に厳しいものとなってきていますが、まだまだ企業向けでの需要は高いのかもしれません。

これが、ラインナップから消えない理由の一つになっているのかもしれませんね。

JR西日本

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。