A8XはPowerVRをカスタマイズした8コアGPU「GXA6850」を搭載!

スポンサードリンク

A8XのGPUは8コアだった!

iPad Air 2に搭載されている「A8X」プロセッサは3コアのプロセッサが搭載されていることが判明していましたが、A8Xチップのダイ写真からGPUが8クラスタ(コア)構成であった事が明らかになっています。

A8x die photo

Apple独自のPowerVR

iPhone 6/6 Plusに搭載されているA8チップのGPUは4クラスタのPowerVR GX6450が採用されていますが、PowerVR Series6のフラグシップモデルとなるGX6650でも6クラスタまでしか存在していませんが、Appleは独自にPowerVR Series6をカスタマイズして8クラスタのGPUを開発してしまったようで「Apple/PVR GXA6850」という型番になるようです。

Aプロセッサ 比較

Apple/PVR GXA6850は4クラスタから8クラスタになっただけではなく、メモリーのバス幅も64bitから128bitへ、バンド幅も12.8GB/secから25.6GB/secに、L2キャッシュも2MBに拡張されていることがわかり、全てにおいてバージョンアップを遂げていることになります。

Appleは公式にA7チップと比較して40%のCPUパフォーマンスが速くなり、GPUは約2.5倍も性能アップしたことを発表しており、実際のGPUのベンチマーク測定でも2.5倍以上のパフォーマンスを発揮しています。

関連
iPad Air 2に搭載「A8X」のGPU性能のベンチマークが公開!
iPad Air 2のA8Xはトリプルコア(3コア)2GBのRAM搭載!68%性能アップへ!
iPad Air 2は全てが軽い!A8XとA7の動作速度の違いを動画で比較!

当初、A8Xチップは6クラスターのGX6650が搭載されているとみられていましたが、A8Xのダイ写真の公開によって8コアのGXA6850の存在が明らかになったようです。

2014 11 13 6 46 27

スペックを比べてみても6クラスタのGX6650より上回っていることが確認できます。ベースはあくまでPowerVR Series6でAppleは電源周りや設計の最適化を行うセミカスタムを実施したとのことです。

今後も独自開発??

スポンサードリンク

PowerVRの開発元であるImagination Technologies社は新GPUラインナップとなるPowerVR Series 7を発表をしており、最大で16クラスタまでのGPU構成となりさらなる性能アップが期待されています。

関連 次期iPhone 6sのA9チップのGPU候補!PowerVR Series7が正式発表!

今までのように、次機種となるiPhone 6sなどにPowerVR Series 7が採用されると思うのですがその繋ぎとしてAppleは「Apple/PVR GXA6850」というGPUを開発したのか、それともAプロセッサ自体をAppleが独自開発をしている事を考えるとGPUの部分に関してもPowerVRをベースに独自開発をしていくという可能性もあるのかもしれませんね。

追記:iPhone6s/6s Plusに搭載されたA9プロセッサは6コアGPUであることが判明しています。性能はA8Xに迫るものとなっています。


Anandtech
9To5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。