iPad Air 2/mini 3のバッテリーの減りは旧モデルより1時間も早い?

スポンサードリンク

iPad Air 2/mini 3のバッテリー駆動時間

「iPad Air 2」と「iPad mini 3」のバッテリー駆動時間のテストを行った結果をPhoneArenaが公開しています。Appleによる公称値では前モデルと同じバッテリー駆動時間となっていましたが、結果はかなり厳しいものになったようです。

iPad Air 2のバッテリー駆動時間比較

前モデルのiPad Airは8時間38分だったのに対して、iPad Air 2は7時間27分と1時間程度バッテリー駆動時間を縮めています。iPad Air 2は7.5mmから6.1mmに大幅に薄型化をした代償としてバッテリー容量が8827mAhから7340mAhに小さくなっていることが影響しているのでしょう。

iPad mini 3は大幅に低下

iPad mini 3に関しては内部スペックはほとんど変化していないiPad mini 2と比較して、8時間28分から6時間53分と大幅にバッテリー駆動時間が短くなっています。

iPad mini 3はTouch IDやNFCチップを新たに実装していますが、さほどバッテリーの持ちに影響が出そうなパーツではありません。なぜ、1時間半もバッテリー駆動時間が短くなってしまったのでしょうかね。

スポンサードリンク

iPhone 6 Plusのバッテリー駆動時間が凄い

筐体の小さいiPhone 6 PlusがiPad mini 3と同等のバッテリー駆動時間になっているのが、少しというかかなり驚きです。やはりディスプレイを表示させるための電力はかなり大きいということなのかもしれません。

iPad mini 3のバッテリー容量は6471mAhに対して、iPhone 6 Plusは2915mAhと半分以下なのに対して同じくらいの時間を動かすことができるのは、iPhone 6 Plusの方がいかに電力効率が良いかが分かります。

ディスプレイサイズの差はかなり大きいでしょうが、それ以外にも搭載されているA8チップの電力効率はA7チップと比較してもよくなっているということなのかもしれません。

追記:iPad mini 4は本体の厚みがさらに薄くなったためバッテリーサイズが少なくなってしまいましたが、より省電力なA9プロセッサを搭載するなどしさほど影響がないようになっているようです。

PhoneArena
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。