iMac Retina 5Kの解像度3200×1800モードの作業エリアが広すぎで快適そう!

スポンサードリンク

iMac Retina 5K Retinaの画面が綺麗過ぎる!

「iMac Retina 5K Retinaディスプレイ」が家電量販店に展示してあったので実物を触ってみたのですが、やっぱり5K Retinaディスプレイは圧倒的な迫力がありますね。触ったのを後悔してしまうほど欲しくなってしまいました。

でも25万円はやっぱりなかなか手が出来ません。

しかし、4Kディスプレイもまだまだ20万円を越えるモデルもある中で4K出力が可能になるMacやPCを揃えないといけないことを考えると全て内蔵されて25万円は、もの凄くお買い得とみることもできます。

iMac Retina 5K Retinaディスプレイ

3200×1800ピクセルモードの作業エリアが広い!

スポンサードリンク

iMac Retina 5K Retinaディスプレイの一番のアピールポイントはやはり27インチで5120×2880ピクセルの解像度を誇る5K Retinaディスプレイでしょう。

標準設定では非Retinaディスプレイの解像度である2560×1440ピクセルに設定されており2倍の整数倍解像度になっています。

iMac Retina 5K RetinaディスプレイでもMacBook pro with Retinaと同じように、スケーリング解像度を設定することで1600×900ピクセル相当(Lager Text)から3200×1800ピクセル相当(More Space)まで設定することができます。

・2880×1620ピクセル

iMac Retina 5K Retinaディスプレイ 解像度変更

・3200×1800ピクセル

iMac Retina 5K Retinaディスプレイ スケーリング解像度

3200×1800ピクセル相当(More Space)が本当に作業領域が大きすぎで快適になることは間違いありません。

Safariのウィンドウを大きめに開いたとしても横に並べることがおそらく可能になり、これでも十分に文字の滑らかさは綺麗で、見難いということはありません。

こちらの画像は3200×1800ピクセルに設定した画面ですが、ウィンドウに余裕がアリまくりです。

3200×1800ピクセル相当(More Space) iMac 5K

これだけの作業スペースが確保出来るとなると今までのようにデュアルディスプレイの環境にする必要性もなく、iMac Retina 5K Retinaディスプレイが1台あればそれで事が足りるという事にもなりそうです。

ただ、MacBook Pro with Retinaにも言えることなのですが3200×1800ピクセル相当(More Space)の作業スペースを優先すると文字の大きさはかなり小さいので目が疲れるという難点もありますが…!

とはいえ、自由に解像度を選択出来るというのはユーザーにとってはかなり嬉しいことですね。

iMac Retina 5Kディスプレイモデル-Appleオンラインストア

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。