iPad Air 2のRAMは1GBの可能性が!A8XとA8の性能差はどれほど?

スポンサードリンク

iPad Air 2のRAM容量は1GBか?

なんということだろうか…。「iPad Air 2」のCPUプロセッサは「A8X」が搭載されることはAppleが正式に発表したことで、噂通りメインRAMについても2GBが搭載されるものと思っていました。しかし、Phone Arenaが公開しているスペック表によるとA8Xを搭載したiPad Air 2のRAMの容量は1GB(1024MB)と記載されています。

追記:iPad Air 2のRAMの容量は2GBであることが確認されています。また、A8Xチップはデュアルコアプロセッサではなくトリプルコアプロセッサであることも判明しています。

2014-10-18-22.55.02.jpg

このスペック表が正しいという証拠はありませんが、他の箇所を見ても誤った情報を記載している雰囲気はありません。

先日、A8Xプロセッサの隣に実装されていたRAMの型式が2GBのものが刻印されていると伝えられていましたが、あの情報はなんだったのでしょうか…?本当にiPad Air 2のRAM容量が1GBだとしたら少しショックですが、A8Xの性能はA8チップと比較してもかなり向上しているので落胆するのはまだ早いです。

A8XチップはA8チップからどれくらい性能アップ?

A8Xチップの性能はA7チップと比較してCPUは40%、GPUは2.5倍高速になったことをAppleは公式に発表しています。

A8X iPad Air 2

iPhone 6/6 PlusのA8チップはA7チップと比較してCPU25%、GPUが50%となっており、単位が違うため分かりにくいので%表記にするとA8XのGPU性能は250%向上していることになります。

A8 A8X
CPU性能 25% 40%
GPU性能 50% 2.5倍(250%)
トランジスタ数 20億 30億

またプロセッサのトランジスタ数はA8チップが20億、A8Xが30億と1.5倍も増えており単純のRAMの容量だけで性能を測ることは出来ません。

GPU性能をここまで向上させるのには理由があるとしか考えられません。なんとか2画面表示のマルチタスクが実現していることを願いたい。

これだけのスペックアップを果たしていれば1GBのRAMでも十分に動作するのかもしれませんが、大は小を兼ねるというように2GBのRAMが搭載されていることも期待したいところ。

この情報が間違っていると信じたいです。

追記:iPad Air 2のRAMの容量は2GBであることが確認されています。また、A8Xチップはデュアルコアプロセッサではなくトリプルコアプロセッサであることも判明しています。

Phone Arena
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。