Appleがキーボード付きのSmart Coverの特許を申請へ!

スポンサードリンク

キーボード付きのSmart Coverの特許を申請!

AppleがiPad向けの新しいSmart Coverの特許を米国特許庁に申請していることがわかりました。

IPad Smart Cover

新しいSmart Coverは複数のヒンジ部分があり色んな使い方ができるようになっており、今までのSmart Coverのように磁石を使う事によりカバーを止めることもでき、今回は電磁石が採用されているようで、電磁石は電気を流すことで磁力が発生するもので必要な時だけ磁力を発生させることが可能となっています。

Screen Shot 2014 03 27 at 14 640x308

Smart CoverとiPadの接続はワイヤレスで接続することができキーボードにはバーチャルキーボードが搭載されマルチタッチジェスチャーは透明(半透明?)のタッチパネルから操作することが可能になるようです。

マイクロソフトのSurfaceのカバーは物理キーボードが搭載されているType Coverと物理キーボードが付いていないTouch Coverの2種類がありますが、今回のAppleが特許申請したSmart CoverはどちらかというとTouch Coverに近い仕組みになっているようです。

Apple純正のカバー一体型のキーボードが今までなかったので、純正のキーボード付きSmart Coverを待ちわびている方にとっては朗報となりまそうです。

追記:iPad ProにてSmart keyboardが利用可能に

2015年10月に発売が開始されたiPad Proにて専用の外部キーボードとなるSmart Keyboardが利用することが可能となりました。JIS版がなくUSキーボードのみですが、地球儀マークで日本語変換も難なく実行することもできますし、打ち心地も思っていた以上に悪くない感じです。

なお、2016年4月に発売が開始された9.7インチ向けのiPad Proにも専用のSmart Keyboardがリリースされました。

Cult of Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。