iOS11は自動セットアップ機能でApple IDやWi-Fiの設定が自動的に設定可能

スポンサードリンク

iOS11の自動セットアップ機能

2017年秋にリリースされるiOS11では新機能としてiPhoneやiPadの「自動セットアップ」機能が搭載されています。この機能を使ってセットアップすることで、自動的にApple IDやWi-Fiの設定、iCloudキーチェーン、アプリ、iOSの設定などの情報を転送し設定をしてくれます。

iOS11をインストールすると、初期設定のプロセスの中に既存デバイス(iOS11で動いている)から設定を転送することができるオプションが追加されており、その項目から設定をすることになります。

iOS11 自動セットアップ

2つのデバイスは近接している必要があり、両デバイスが認識するとペアリングの画面に切り替わります。これはApple WatchとiPhoneをペアリングする時のようにセットアップする側(iPad)にアニメーションが表示され、設定の転送元(iPhone)のカメラで撮影をすることでペアリングをすることになります。

自動セットアップ ペアリング iOS11

ペアリングされると自動的にApple IDやWi-Fiの設定、iCloudキーチェーン、アプリ、iOSの設定がiPhoneからiPadに転送されます。全てのデータが自動設定されるわけではなく、Touch IDの指紋データやApple Pay、Siriの設定についてはセットアップしているデバイス側で新たに設定をする必要があります。

複数台の端末を持っている人にとってはこの自動設定機能はめちゃくちゃ便利ですね。クリーンインストールした時にももう一台のiOSデバイスがあれば簡単に復元することもできますし、これは良い機能と言えそうです。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。