iOS11でiPadのUIが大幅刷新!Dockを採用しファイル管理アプリFiles搭載へ!

スポンサードリンク

iOS11+iPadでUIデザインが大幅刷新へ

AppleがiPadをiOS11にアップデートすることで、macOSのようなDock機能、ファイル管理アプリFiles、高度なマルチタスキング、アプリ間のドラッグ&ドロップに対応することを発表しました!

macOSライクなDockを搭載

こちらがiOS11で対応するiPadのUIデザインで、macOSのようなDockが表示されるようになります。

iOS11 iPad Dock機能

例えば地図アプリを起動中にDockを表示させて画面を切り替えることなく…

iOS11 Dockからマルチタスキング

このようにメッセージアプリを起動しマルチタスクで作業をすることが可能です。

iOS11 iPad

アプリスイッチャーのUIデザインも大きく改善し、起動中のアプリの一覧、Dockにあるアプリ、コントロールセンターを同時に表示させることが可能となっています。

iOS11 iPad マルチタスキング

iOS10までのアプリスイッチャーはiPadのUIが微妙な感じだったので、iOS11でよりブラッシュアップされ使いやすくなっているように感じますね。

スポンサードリンク

ファイル管理アプリFiles

ファイル管理アプリFilesがiOS11で搭載します。デバイスの内蔵ストレージ以外にも外部ストレージにも対応しており、iCloud Driveの他にドロップボックスやOne Driveなどにも対応しています。

ファイル管理アプリFiles

ファイルはドラッグ&ドロップで簡単に操作することができます。

ファイル管理アプリFiles

画面分割をしている状態で画像をドラッグしてメール作成画面にドロップし挿入することもでき、パソコンで当たり前に出来ていた作業をiPadでもすることができます。

OCRスキャナー機能に対応

iOS11ではOCRスキャナー機能にも対応し、書類をカメラで撮影することでテキストデータに変換することができます。

手書き文字をテキストデータに変換することができ、検索することも可能に。さらに、PDFに変換することもできます。

iOSがmacOSに近づきつつある

iOS11でiPadの機能は大きく向上することになります。iOSにもDockが採用されることで、macOSとの差別化が難しくなってきますが、iOSは基本的にはタッチでの操作のしやすさを一番に考えられているOSなので、感覚的にファイル操作やアプリの切り替えなどが実行することができるようになっているのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。