iPhoneをiOS10.3にアップデートする前にiCloudバックアップかiTunesバックアップを実行し不測の事態に備えよう!

スポンサードリンク

iOS10.3にアップデートする前にバックアップを実施しよう

2017年3月にもiPhoneとiPad、iPod Touch向けとなるiOS10.3がリリースされることが期待されますが、iOS10.3にアップデートすることでファイルシステムが旧規格のHierarchical File System Plus(HFS+)からApple File System(APFS)に更新されるという、大改革が実施されることになります。

Apple File System(APFS)

ファイルシステムのアップデートは内部的な更新なので、ユーザー側のメリットはあまりないように見えますが新しいファイルシステムとなるApple File System(APFS)はフラッシュストレージやSSDを前提した新しい64ビットファイルシステムでマルチスレッドにも対応しているのでOSの安定性が大幅に向上することが期待できるので、最終的にはユーザーメリットに繋がると思います。

これだけ大規模な更新となるためアップグレードによる不具合も心配ですよね。特に今回はOSの基幹部分と言える部分が更新されるので、必ずバックアップを取って不測の事態に備えることが大事となります。

iCloudバックアップとiTunesバックアップ

iPhone/iPad/iPod TouchのバックアップはiCloudバックアップとiTunesバックアップの二通りあります。各バックアップの特徴は以下の通りで、手間を出来るだけ省きたいのであればPC/Macと接続してiTunesバックアップからバックアップを取った方がいいでしょう。

  • iCloudバックアップ:デバイスに保存されているほぼすべてのデータと設定情報がバックアップされるが、(連絡先、カレンダー、メモ、マイフォトストリーム、iCloud フォトライブラリ、Apple Payの情報と設定内容、Touch ID の設定内容、App Store のコンテンツ)についてはバックアップ対象外
  • iTunesバックアップ:デバイスのほぼすべてのデータと設定情報がバックアップされるが、(App Store から入手したコンテンツ、iCloud フォトライブラリ、Apple Payの情報と設定内容、Touch ID の設定内容)についてはバックアップ対象外

連絡先、カレンダーといった情報は基本的にiCloudに自動保存されているデータなのでiCloudバックアップでもほぼ完全バックアップは可能です。ただ、インストールしていたアプリのコンテンツデータはバックアップされないので注意が必要です。

iPhoneのバックアップ

以下、iPhone/iPad/iPod Touchのデータをバックアップする方法を紹介します。

iCloudバックアップの方法

「設定」アプリを起動し「iCloud」→「バックアップ」を選択します。

iCloudバックアップ

「バックアップ」をオンにします。

iCloudバックアップをオンにする

あとは自動的にバックアップが開始されますが、今すぐにでもバックアップをしたい場合は「今すぐバックアップを作成」を選択しましょう。

バックアップを今すぐする

するとバックアップの作成が開始されます。

スポンサードリンク

iCloudストレージの容量が足りない時は…

なお、iCloudの無料プラン(5GB)を使用している方がほとんどだと思いますが、この容量では収まりきらない場合もあります。そんな時はiCloudストレージを増量することをオススメします。「設定」→「iCloud」→「容量」→「ストレージプランを変更」からストレージプランを変更することが可能です。

iCloudのストレージプラン

50GBのストレージプランで月額130円掛かってしまいますが、画像データをiCloudフォトライブラリーに保存することができるなど、バックアップだけではなく利便性もかなり向上します。特に画像を他の端末と共有することができるようになるiCloudフォトライブラリーはかなり便利です。

iTunesバックアップの方法

iPhone/iPad/iPod TouchをPC/Macに接続をしてiTunesを起動します。

iTunes バックアップ

バックアップを「iCloud」から「このコンピュータ」に変更します。

このコンピュータ iTunesバックアップ

「ローカルのバックアップを暗号化」に必ずチェックを入れてください。でないと、コンテンツデータを保存することができません。

ローカルのバックアップを暗号化

バックアップが開始されます。

iTunesバックアップ

iTunesバックアップはすべてのデータをバックアップすることができるので、復元する手間が掛からないメリットの他にiCloudストレージを消費しないというメリットもあるので、PCやMacを持っているのであればiTunesバックアップはオススメです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。