iOS11は32bitアプリの起動ができなくなる?iOS10.3で警告が表示される仕様に。

スポンサードリンク

iOS11は32bitアプリの起動ができなくなる?

2017年秋にもリリースされるとみられる次期iOSとなるiOS11では32bitのアプリが動作しなくなる可能性が出て来ました!

iOS10.3 32ビットAppの警告

iOS10より32bitアプリを起動すると「iPhoneの動作が遅くなる場合があります」と警告がポップアップウィンドウで表示されるようになっていましたが、現在開発中のiOS10.3では32bitアプリを起動すると「このAppは将来のiOSのバージョンで動作しません。開発者はこのAppのアップデートをする必要があります」という警告が表示されるようになっているようです。

32bitプロセッサを搭載しているデバイス

Appleは2013年9月にリリースしたiPhone 5sで初めて64bitのCPUを搭載したA7チップを採用し、続いてiPad AirとiPad mini 2でA7チップを採用、iPod touch 6はA8チップを採用することで64bitに対応しています。

現在サポートが続けらているデバイスで32bitのCPUを搭載しているモデルはA6チップのiPhone 5、A6XチップのiPad(第4世代)の2モデルのみとなっています。もしかしたらiOS11はiPhone 5とiPad(第4世代)のサポート自体が打ち切られる可能性があるかもしれません。

いずれにしても32bitのアプリは近い将来、使えなくなる可能性が高そうですが、まだ64bitに対応していないアプリがあるのかな。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
follow us in feedly