iOS10.1で背景をぼかすポートレートモード(被写界深度エフェクト)が利用可能に

スポンサードリンク

iOS10.1でポートレートモードが利用可能に

iPhone7 Plusは二つのカメラレンズのデュアルカメラシステムが搭載されていますが、現時点ではその機能をフルに使うことができません。

そんな中、次期アップデートとなるiOS10.1にて被写界深度エフェクトを有効にすることができる「ポートレートモード」が搭載されることが明らかになりました。

被写界深度エフェクト iOS10.1

ポートレートモードは一眼レフカメラで撮影したかのように被写体の背景をボカすことができるものでiPhone7 Plus限定の機能となっておりiPhone7で利用することはできません。

ポートレートモードの制限

また、ポートレートモードには以下の制限もあるようです。

  • 明る場所で撮影する必要があり暗い場所では警告が表示される
  • iPhone7 PlusのiSightカメラのみで動作
  • 静止画撮影のみで動作し動画撮影は非対応
  • 被写体から2.4m以上離れる必要がある

ポートレートモードで撮影した写真

実際にどのような写真を撮影することができるのか、9To5Macが撮影した写真が公開されています。

こちらの画像は通常のモードで撮影した画像で被写体と背景がクッキリと映し出されており、これでも十分に綺麗な写真です。

iPhone7 Plus 写真
iPhone7 Plus ポートレートモードOFF

ポートレートモードを利用することで背景をボカすことが可能になります。背景がボケることによって一眼レフカメラで撮影したかのような雰囲気のある写真を撮影することが可能に。

iPhone7 Plus ポートレートモード
iPhone7 Plus ポートレートモードON

実際にポートレートモードを使って撮影している様子が動画で公開されています。

ポートレートモードは写真のモード選択の一部の機能となりスワイプすることで切り替えができるようになっています。

写真を撮影した後に合成して背景がボケるわけではなく、リアルタイムでどのようなボケ具合になっているのかを確認することができるようです。被写体から2.4m以内ではポートレートモードを使うことができませんが、2.4m以上離れることで自動的にポートレートモードが有効になり、使い勝手としては非常に使い易いものになっていそうですね。

ポートレートモードは実際に使ってみたい機能ですし、これだけでもiPhone7 Plusを購入する価値はあるのかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。