iOS10 beta4がリリース!アプリの切り替えアニメーションが高速化!変更点まとめ!

スポンサードリンク

開発者に「iOS10 beta 4」がリリース!

Appleが開発者に対して「iOS10 beta 4」をリリースしました。iOS10は2016年秋にも正式に公開されることになりますが、ベータ版を開発者やApple Beta Software Program登録者に対して公開することで不具合や改良点を抽出し、小さな変更や微調整などが行われています。

iOS10 beta

以下ではiOS10 betaで変更となった箇所を紹介していきます。

絵文字のデザインが新しく

iOS10 beta 4では絵文字の一部のデザインが変更されているようです。以下の画像の左側が古い絵文字で右側が新しい絵文字となっています。かなり微妙な変化なので気付かないレベルかもしれませんが..。

iOS10 絵文字

コントロールセンターの改良

コントロールセンターの画面を初めて起動した時にイントロ画面が追加されています。

iOS10 コントロールセンター イントロ画面

「Continue」をタップすることで新しくなったコントロールセンターを利用することができるようになります。iOS10からは左右にスワイプすることで、ミュージックプレイヤーを利用できたり、アプリ一覧を表示することができるように改良されています。

iOS10 コントロールセンター

ウェジェット画面に今日の日付が表示

ホーム画面や通知センターから右にスワイプすることで起動することができるウェジェト画面の上部に今日の日付が表示されるように改良されています。

ウェジェット画面に日付 iOS10

キーボードの文字打ちの音が変わった

キーボードの文字打ちの音が微妙に変更されているようです。iOS9から比べても低めの音に設定されているでしょうか。以下の動画の1:40〜確認することができます。

アプリの切り替えがスムーズに

iOS10ではアプリの読み込みのタイミングが見直されたことからアプリの切り替え速度が高速化されていると発表されていましたが、iOS 10 beta 4においてその効果は出てきているのか、アプリの切り替え速度がかなり速くなっているように思います。

以下の動画の1:00〜からその様子を確認することができます。

今回の動画は高性能なiPad Proでしたが、初期の64bitプロセッサのA7チップを搭載しているiPhone 5sでも高速化されているのかどうかが気になるところです。

以下、iOS10 beta 3以前の変更点となっています。

スポンサードリンク

ホームボタンを押さずにロック解除可能に

iOS10からスワイプによるロック解除方法が廃止されホームボタンをクリックすることで指紋認証やパスコードから解除することができるようになり、指紋認証であってもボタンを必ず押す必要がありました。

しかし、iOS10 beta 3から「設定」→「アクセシビリティ」の項目か「指を当てて開く」という項目が追加されて指紋認証設定時においてもiOS9と同様にホームボタンに指を置くだけでロック解除が可能となりました。

メッセージアプリの画像送信に「低画質モード」

写真をメッセージアプリで送信するときに通信料を抑えることができる「低画質モード」を選択することができるようになりました。

9To5macMacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。