iOS10は濡れたLighteningケーブル使用で警告表示される仕様に

スポンサードリンク

iOS10は濡れたLighteningケーブル使用で警告表示

iOS10 beta 3が開発者に提供が開始されていますが、iOS10の機能の一つとしてLighteningケーブルのコネクタが濡れた状態でiPhoneやiPadに接続すると警告が表示されるような仕様に変更されていることが明らかになりました。

以下が濡れたLighteningケーブルをiPhoneに接続した時の警告表示で警告マークの中に水のイラストが描かれたアイコンが表示されるようになるようです。

iPhone iOS 10 濡れたlighteningケーブル

コネクタ部分が濡れてしまったLighteningケーブルをiPhoneやiPadに接続してしまうと電流がショートしてしまうことからデバイスに致命的なダメージを与えることにもなってしまうので、何としても避けたい事例とも言えるかもしれません。

スポンサードリンク

iPhone 6s/6s Plus、iPhone SEの3機種で

どのような仕組みで警告を表示する仕組みになっているのか不明ですが、この警告が表示されるのではA9プロセッサを搭載しているiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEの3機種だけに限定されているとのこと。

なので秋にリリースされるiPhone 7とiPhone 7 Plusに関しても必然的に同様の警告が表示されることになるでしょう。一部ではiPhone 7/7 Plusは防水に完全対応するのではないかという情報もあったりします。

そう考えると、iOS10で追加されることになるLighteningケーブルが濡れたことにより警告と、何らかの関係があってもおかしくないのかもしれませんね。

AppleInsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。