iOS10の新機能まとめ!ロック画面が大幅刷新、iMessageがスタンプやエフェクトに対応!

スポンサードリンク

iOS10 を正式発表!

Appleが「iOS 10」を正式発表しました!iOS 10は10番目のメジャーアップデートということで今までにないくらい大きな変化を遂げる事になるようです。

ISO10

iOS10ということで大きく機能が刷新されるのはロック画面、Siri、QuickType、写真、地図、ミュージック、ニュース、Home、電話、メッセージの10つとなっています。

iOS 10の新機能

ロック画面の操作が刷新

ロック画面のUIデザインと操作方法が大きく刷新されており、3D Touchを利用した操作も追加され、ウェジェット機能やコントロールセンターもより機能的に進化しています。

iOS10 ロック画面

今まではホームボタンを押さないと画面が表示されませんでしたが、iOS10ではiPhoneを持ち上げただけで画面表示してロックされた通知画面を見ることができるようになります。

iOS 10 通知

そして、通知されたメッセージをそのままロック画面上から返信することができたり、カレンダーの予定を追加することも可能となっています。

iOS10 通知から返信

上から下にスワイプで通知センターにアクセスすることができます。

iOS10 通知センター

今までは一つ一つ通知を削除する必要がありましたが、iOS10からは全ての通知を一気に削除することが可能となります。

iOS 10 通知を全削除

これは便利かも!

通知を全削除 iOS10

下から上にスワイプすることでコントロールセンターが起動します。UIが新しいデザインに変更されています。

iOS10 コントロールセンター

コントロールセンターを起動した状態で横にスライドすることでミュージックプレーヤーにアクセスすることもできます。

iOS 10 ロック画面から音楽プレーヤー

 

カメラのアイコンがロック画面から削除されましたが右から左にスワイプすることでカメラを起動することが可能となります。

iOS 10 ロック画面からカメラ起動

このようにロック画面の操作方法が大きく見直されたことになります。ただ、個人的には指紋認証のTouch IDですぐに画面をアンロックしてしまうので、ここまで高機能化されたロック画面を使いこなすことができるのかが不安ですね。

Siriがサードパーティ製アプリで利用可能に

SiriのAPIが開発者に提供されることでサードパーティ製アプリでも音声アシスタントSiriを利用することができるようになります。

iOS 10 SIriのアイコン

今回の発表ではWeChatのアプリをSiriを使ってメッセージの返信をするデモが行われていました。

Siri サードパーティ製アプリ

他にも写真アプリの写真を検索したりCarPlayの目的地設定など、様々な利用用途に使うことができるようになっています。

iOS10 Siri 写真検索

AndroidのOK Googleはあらゆるシーンで音声機能を使うことができるので、iOS10のSiriはそれに追いつく形になるでしょうか。

QuickTypeの予測変換

文字入力をする時にSiriの予測機能を利用してメッセージを推測変換してくれる機能が強化されます。さらに位置情報を簡単に入力することができようになる他に、カレンダーの予定などから入力内容を予測し推測変換を加速させます。

iOS10 QuickType

写真アプリの認識機能向上

写真アプリは自動認識機能が強化されて顔認識の他にもシーン別でも認識が可能となり、自動的に関連している写真を振り分けることが可能となっています。

iOS 10 写真アプリ

関連がありそうな写真を自動的にまとめられて一つの思い出のアルバムを作成できるようになります。

iOS 10 写真

さらに、このアルバムを音楽付きのスライドショーとして再生することも可能となっており、より手軽に写真を楽しむことができるようになりそうです。

地図アプリ

地図アプリのUIデザインが若干変更され、渋滞ポイントや交差点に近づくと自動的にズームする機能が追加、さらに「周辺を探す」の機能も強化されます。

iOS 10 地図アプリ

地図アプリのAPIが開発者に公開されることでアプリ上からレストランの予約ができるようになります。

Apple MusicのUIデザインを刷新

Apple Musicがよりシンプルで使い易いUIに完全刷新します。一番目に付くのは、ライブラリやFor Youといった機能名称が上部に大きく表示されていることでしょうか。

iOS10 Apple Music

白を基調としたシンプルなデザインとなっており、楽曲の歌詞表示にも対応しており、対応している楽曲であれば自動的に歌詞を表示することができます。個人的には一番下のメニューバーを誤操作してしまうことが多いので改善してほしいポイントだったのですが、iOS10のミュージックアプリもこのUIは変化していないようですね。

スポンサードリンク

Newsアプリ

日本ではまだ未対応なのであまり関係ないNewsアプリですが、UIデザインが刷新されているようです。

HomeKitアプリ「Home」

家電や照明などを制御することができるHomeKitの専用アプリ「Home」が新しく搭載されます。

iOS10 Homekit

Homekitに対応している様々な家電をiPhoneから操作することが可能となり。コントロールセンターからもHomeアプリを制御することができます。ただ、Homekitに家中を対応させようとしたら莫大なお金が必要になりそうなので、実際に使うことになるのはまだまだ先の話になりそうです。

留守番電話の音声を文字に(電話アプリ)

電話に出ることができなかった時に録音された音声メッセージ(ボイスメール)をテキストメッセージに変換する機能が搭載されます。

留守番電話 テキスト変換 iOS10

知らない番号から着信があった時にその電話番号がどこから掛かってきているのかを検索する機能が追加されます。

迷惑電話 番号検索

最近は固定電話だけではなく携帯電話に勧誘の電話が掛かってくることも多くなってきたので、このような機能は大変助かります。日本で、どこまで対応することになるのか気になるところ。

他にも、着信時の画像をフルスクリーン表示にすることができたり…

IOS10電話アプリ

VoIP(IP電話)のAPIが提供されることによってサードパーティ製のVoIP電話の連絡先を登録することも可能になります。

VoIP 電話番号登録

メッセージアプリ(iMessage)

メッセージアプリ(iMessage)は大きな進化を遂げることになります。

リッチリンクに対応したことで受信したリンク先の内容を表示させたり、受信した動画をそのまま再生することもできます。また、カメラの撮影をメッセージアプリ内で行うことができ、より簡単に写真を返信することも可能になります。

iOS 10 メッセージ

3倍の大きさの絵文字を送信することができるようになります。

iOS10 3倍の大きさの絵文字

さらに、テキストを自動的に絵文字に変換させる絵文字変換機能も搭載されています。簡単に言うとピザと入力されている文章を後からワンタッチで自動的に変換してくれる機能。

絵文字の自動変換

吹き出しのエフェクトが搭載され驚きを演出したいときは大きくなったり、控えめなことを伝えたい場合は小さな文字でになったり、モザイクを入れて時間が経ち徐々に見ることができるエフェクトなども追加。これは凄いけど、ちょっと面倒くさいような…。

吹き出しのエフェクト

メッセージアプリは様々なエフェクトを追加することが可能となり、大きな絵文字をそのまま送る機能や、フルスクリーンでエフェクト効果を送信することができるようになります。

iOS10 メッセージ フルスクリーン

 

LINEと同じようなスタンプを送信することもできるようになり、写真にイラストを簡単に追加して送信することも可能になります。

iOS 10 スタンプ

他にも手描き文字の送受信にも対応しています。また、メッセージAPIが開発者に提供されスタンプを作成し追加することができるようになり、App Store for iMessageで取り扱うことができるようになります。

メモアプリの共有機能の強化

メモアプリを他のデバイスと共有化して、共同作業をすることが可能となります。

wwdc2016-iSO10- 2016-06-14 11.00.06

メールの会話式表示

メールアプリの受信メッセージが会話形式に対応し、同じ宛先から受信したメッセージはメッセージアプリのように会話式に表示されることになります。

メール会話式

Safariの2画面表示

iOS9ではSafariの2画面表示(Split View)には対応しておらず別のブラウザを併用する必要がありましたが、iOS10ではSafari内で2画面表示に対応し、並べてネットサーフィンをすることが可能になります。

iOS10 iPad Safari

2画面並べることができるとブログ更新などでも利用することができそうでかなり使い勝手は向上することになりそうです。

iPhone 4sは非対応モデルに

なお、対応デバイスはiPhone 4sが除外されてしまったようです。

まだiPhone 4sを使っているという方も多いと思うので、ちょっと残念ですね。iOS10は7月よりパブリックベータ版が公開され、秋に一般ユーザーにリリースされることになります。

iOS10が正式にリリース!

以下の記事で詳しく紹介しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。