iPhone・iPadのアイコン配置を初期化し整理する方法

スポンサードリンク

iPhoneのアイコンを整理する方法

iPhoneやiPadを長く使っているといろんなアプリをインストールするのでホーム画面がゴチャゴチャしてきますよね。そんな時に画面のアイコンの配列を初期化することで再整理したいと考える方もいるかもしれません。

iPhoneのホーム画面

この記事では、ホーム画面のアプリアイコンの配置を初期化する方法と、アイコンを任意の場所に移動し整理する方法を紹介します。

アプリアイコンの初期化

しばらく使っていくうちに最初の状態のホーム画面に戻して一から整理をしたくなることがあります。しかし、iOSにはこの画面を一番最初にiPhoneを起動した時と同じ状態に戻す(初期化)ことができます。

iPhoneのホーム画面

「設定」アプリを起動し「一般」→「リセット」を選択します。

設定 一般 アイフォーンリセット

リセットできる項目は数多くあり、その中の「ホーム画面のレイアウトをリセット」→「ホーム画面をリセット」を選択します。

ホーム画面のレイアウトをリセット ホーム画面のアイコンを初期化

これでホーム画面のアイコンの配置が初期状態になります。

iPhone アイコン配列の初期化 iPhone-reset-IMG_0952

サードパーティ製のアプリに関してはアプリ名の頭文字のアルファベット順で整列されます。

スポンサードリンク

アイコンを移動させる方法

アイコン整理の基本的な使い方になりますが、アイコンを好きな場所に移動させるにはアイコンを長くをすとブルブルと震えだすので、そのままタップすることでアイコンを自由に移動させることができます。

アイコンをロングタップブルブル震えるアイコン

フォルダにまとめてしまいたい場合はアイコンをまとめたいアイコンの上に重ねることで作成することができます。

アイコンを移動 フォルダを作成

自動的にフォルダ名が作成されます。TwitterやFacebookといったアプリは適切にSNSというフォルダ名を作成してくれますが、アプリによっては似合わないフォルダ名が作成されることもあるので、フォルダ名を変更するのもいいと思います。

アイコンをフォルダの中に フォルダ作成

なお、アプリを削除するにはアイコンがブルブルと震えている状態でアイコンの左上に「×」が表示されるので、タップすることで削除することができます。他にも「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」から「Appを削除」を選択することでアプリを削除することも可能となっています。

スマートフォンはホーム画面にあるアイコンからアプリを起動するスタイルがスタンダードになっており、AndroidやWindows 10 mobileといった他のOSも同じような操作方法でアイコンを整理したり削除したりすることができます。(Windows 10 mobileの場合はアイコンの大きさを変更することができます。)

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。